夢心地


f0100215_144541.jpg


蓮の花托。
こうしてみると不思議な姿をしていますね。

以前、ギリシャ神話にまつわるエントリーを書きました。

--------------------------------------------------------------

「水仙」

学名はNarcissus。
ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスに由来。
「ナルシスト」という言葉の語源。

「ヒマワリ」

太陽神アポロンに恋をした
海神の娘である海の精クリュティエ。

--------------------------------------------------------------

蓮の花で、何かないかと探してみたら
ギリシャ神話では
「その実を食べれば浮き世の苦しみを忘れて夢心地になる」
という伝説があるそうです。

こうして調べてみると
今まで感じた花のイメージが
違った見え方になるから不思議です。

花を撮る前に、その花に関することを調べてみると
違う撮り方ができるかもしれませんね。



コメントのお返事は、明日に。
今週もヘトヘトです。

8月最後の週末ですね。
皆様も楽しい週末をお過ごしください!
by photomo018 | 2009-08-28 23:59 | プライベート | Trackback(2)
トラックバックURL : http://suzucamera.exblog.jp/tb/11825312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 四季の予感 at 2009-08-29 08:34
タイトル : 花托から果托へ
しばらく振りに原市沼へ行ってみました。 蓮の花は少なくはなってきましたが、 それでも蕾もまだあってポツリポツリと咲き続けています。 さすがに今は花を見に来る人も少なくて、 三脚を立てて撮っているのは私だけでした。 私は花が散った後の蜂巣のような花托が徐々に黒くなり、 果托に変わっていくのが撮りたかったのです。 私にとって古代蓮はまだ見頃が続きます。 English Version 写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。 試してね(^^♪ (1) (2)...... more
Tracked from 四季の予感 at 2009-08-29 08:35
タイトル : 花より果托
お盆に行った原市沼の古代蓮の続きです。 他にアップするものがないというのが本音ですが、 終焉近くになった蓮沼の楽しみはやはりこれっ!! 誰も見向きもしない果托に風情を感じる私がいました。 English Version 写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。 試してね(^^♪ (1)まだ蕾も・・・ (2) (3) (4) (5) (6) Canon EOS 50D+Canon EF70-200mm F2.8L+テレコン(x1....... more
←menuへ