たねまるフィギュア


f0100215_23522751.jpg


今日は残りわずかになった
横浜Y150 開国博に出かけてきました。

実は狙っていたモノがありまして・・・。

Y150のキャラクター
“「たねまる」の横浜歴史紀行”というフィギュア。
全部で7種類あるのですが
カプセルにはいっていて
何が出るかはわからないという代物。

開港にちなみ
黒船やら、一号機関車などのラインナップがあるのですが
私が狙っていたのは
崎陽軒の初代「ひょうちゃん」と「たねまる」の
ツーショットフィギュア(笑)

カプセルにある小さな小さな穴を覗いて
「これは違う」「あれはどうだ」と
姪っ子(9歳)を従え、夢中で探しました。

「崎陽軒・崎陽軒」と連発していた私に
隣にいらした子供連れのお父様が
「これ、多分崎陽軒ですよ」と
カプセルを差し出してくれました。

確かに小さな穴から見えるのは
崎陽軒のパッケージと思われるオレンジ色!
見事、写真のフィギュアをゲットしましたよ〜。

横浜名物と言えば
崎陽軒のシウマイをイメージされる方は多いと思います。
創業1908年 横浜を代表する老舗企業です。

左側の白いひょうたん型のキャラクターは
崎陽軒のシウマイにはいっている醤油入れ。
右側の「たねまる」は「タマクスの木」の精。

150年前、海の向こうから黒船がやってきて
日本が開国・開港したときから
ずっと横浜を見つめて来た
歴史の生き証人「タマクスの木」が
モデル(?)になっています。
「たねまる」の頭には
葉っぱがはえているんですよ。

「タマクスの木」は
横浜開港資料館で見る事ができます。
by photomo018 | 2009-09-22 23:59 | プライベート | Trackback
トラックバックURL : http://suzucamera.exblog.jp/tb/11985419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menuへ