YOKOHAMA SONGS <GOLD DISC> track 8 「桜木町」


f0100215_052954.jpg

f0100215_057383.jpg

大きな観覧車「花火みたいだね」って
笑った君の横顔 
時間が止まって欲しかった




横浜を代表するアーティスト
ゆずの楽曲。

すでに廃業となった
東急東横線の桜木町駅を
思い出で綴ったラブソングとして
仕上げた曲なんだそうです。


2004年1月30日
たまたま仕事帰りに乗った電車は
東急東横線の桜木町駅へ
最後に到着する最終電車でした。

駅に着くとホームには
もの凄い人だかり。
その光景を目の当たりにして
なんだか泣けてきました。


季節変わり今も君の事
思い出してしまうけれど
何も無かったような顔をして
今日も街に溶けて行く



変わり続ける街・ヨコハマ。

でもこの場所には
思い出の面影が色濃く
残っています。




本日エントリーのこの写真。
コスモクロックの時刻はPM5:30。

偶然ではありましたが
私の父の誕生日は5月30日。


父と観覧車デートをしたことを
思い出しちゃった。

気持ちが届いてるとイイな。



<SILVER DISC>はコチラ



by photomo018 | 2011-01-27 23:59 | ヨコハマなう。 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://suzucamera.exblog.jp/tb/15401482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from FOTO CYCHEDE.. at 2011-01-28 04:11
タイトル : YOKOHAMA SONGS track 8
「桜木町」 ゆず この曲もまた別れの唄です。 横浜を歌った曲からイメージして写真を撮るという お題を頂戴するまでこの歌は知りませんでした。 YouTubeで初めてこの曲を聴いた時 イイ歌だなって思ってしまったのです。 歌に感情移入しすぎてロマンチストを こじらせてしまいました。 この曲はFというコードではじまります。 コードというのはザックリ言えば三つの音を いっぺんに鳴らし、三つのいずれかがブサイクだと 不協和音というものになってしまいます。 ...... more
←menuへ