さて?今日は何で遊ぼう

このブログを始めて、約10日。

写真の何を伝えるべきか。
ようやく悩み始めました。
昔の教科書を引っ張り出したり、色々考えたのですが暗礁に乗り上げました。。。

急遽、私の職場であるアラモーダエイメルチームのスタッフに緊急アンケートを
お願いして、ようやく糸口が見えてきたような。
我が職場の仲間、ほんとにノリがいいんです。親切なんです。
忙しい最中、一生懸命回答していただきました。
その中から、かいつまんで少しづつ写真のお話を書いていきますね。


"コンパクトカメラでも楽しく味ある写真の撮り方が気になります。”

“以前どこかで見た、ナチュラルストッキングをレンズにかぶせて撮ると
なんかいい感じの写真がとれる???”



こんな回答がまじっていました。
まかせてください。撮りましたよ!



これは普通に撮った画像。比べてみてくださいね。
f0100215_22295625.jpg













ナチュラルストッキングをかけて撮った場合。
セピア調で幻想的な雰囲気に。
市販のレンズ用フィルターでもこのような効果のものがあります。
f0100215_23125558.jpg














セルカラー(透明のセロファン)を使用。
とても安価で、大抵の文具店で手に入るはず。
写真用品でも色々なレンズ用フィルターが販売されていますが、
これでも十分おもしろい写真が撮れます。
右はセルを上だけにかけて撮影しています。
風景写真などで使っても良いです。
この時の注意点はセルはレンズにくっつけて撮影すること。
離してしまうと、セルのエッジがシャープになってきます。
あくまでも自然なグラデーションになるように。
f0100215_2245279.jpgf0100215_22451724.jpg









こんなものです。これは¥100でした。
f0100215_1021310.jpg









もっと簡単なのがビニール
厚手のビニール袋(左)やサランラップ(右)。
くしゃっとさせて、レンズから少し離して撮影しています。
離す事によって光と影の部分がムラとなって味がでます。
f0100215_2249282.jpgf0100215_22495442.jpg










こちらは乳白ビニール。かさかさした半透明のものです。
透明度が少ないので、あえて一部分だけかけると不思議な効果が。
この場合はレンズにくっつけて撮影しています。f0100215_22501533.jpg












無色透明のセル(サランラップでも可)にリップクリームを塗っています。
指先でムラに塗ったり、全体に塗ったりすれば、幻想的な霧に包まれたような写真に。
塗る厚さによって表情が変わりますので色々試してみてください。
この手法は人物写真や風景写真など幅広く応用できます。
通常、プロのカメラマンはワセリンや水ガラス(珪酸ナトリウム)を使用して撮影しますが
お手持ちのリップクリームで十分効果が得られます。
f0100215_2375566.jpgf0100215_22565858.jpgf0100215_2334898.jpg










さてまだまだ裏技ありそうです。
すぐに集まるアイテムですぐにおもしろ写真が撮れますよ!


右から、なにもかけない・ストッキング・ビニール+ハンドクリーム
f0100215_13304047.jpgf0100215_13305771.jpgf0100215_1331953.jpg









今回のモデルさん  
LENEAEVO アンクルストラップパンプスを使用しました。
走れるパンプスとしての機能とスマートでキュートなデザイン。
ベージュのシューズはこれからの季節にもぴったりですよね。
モデルのATSUKOさんも色違いで2足購入。
友達に誉められたとご満悦でした。
お奨めのパンプスです。

それと人物モデルはHIROMIさん
女性は紗をかけると、雰囲気が出るので
お友達やお子さんなどで試してくださいね!
きっと喜ばれるはず♪


人気ブログランキングに登録しています♪
遊びに来た際にはポチッとお願いしますね。


by photomo018 | 2006-04-13 13:45 | お仕事 | Trackback
トラックバックURL : http://suzucamera.exblog.jp/tb/1742829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menuへ