写真のいろは どんなカメラがいいの?



先日、おこなった部内アンケート。
「一眼レフカメラがどういうものかもわからない。」
そんな回答もちらほら。

本日は、 写真のいろは どんなカメラがいいの? です。
f0100215_11232150.jpg  







カメラの種類、大きく分けると2種類です。

 
ひとつはコンパクトカメラ
特徴は、携帯性に優れていること。
ただレンズ交換はできません。

もうひとつは一眼レフタイプのカメラ
最大の特徴はレンズ交換ができること。
例えば、背景をボカシたような写真や、動くものを
撮る時に威力を発揮します。
機能を使いこなせば、表現の幅が広がります

ただし一眼レフの場合、
本体が高価な上に、レンズを揃えなければなりません。
そして大きさ・重さ。
カバンに「ぽいっ」というわけにはいきません。

良い写真を撮る = 一眼レフカメラ
という事では決してありません。


機能を使いこなせなければ、一眼レフも宝のもちぐされ・・・。
コンパクトカメラでも十分なんです。



カメラ選びのポイント

●画素数(デジタルカメラ)
写真をプリントしたり印刷したりしない場合には、ほとんど気にする事はありません。
画素数が高ければ、きめの細かい鮮明な写真にはなります。


●ズーム
遠くのものを大きく撮る目的と、先日歪みについて投稿した際に書いた
モノの形をキレイに撮ったり、強調する際には不可欠な機能。
3~4倍の光学ズームがおすすめです。
デジタルズームでは、ズームすることによって画像が劣化してしまいます。


●接写(マクロ)機能
お花マークなどで、表されます。
小さなものやアップで写す際に必要な機能。
ズームに制限にある機種の場合、小さなモノを画面いっぱいに撮影できないので、
店頭でチェックしてくださいね。


●露出(EV)補正
後日、詳しく投稿します。
ほとんどのカメラに搭載されていますが、オート撮影においては
必要な機能ですので、この露出補正の操作性の良い機種がおすすめ。


●ホワイトバランス
こちらも後日、詳しく説明しますね。
光源を選択できるマニュアル設定がついている機種を選んでください。
ネットオークションなどで色を忠実に表現したい人などは、
白い紙などを撮影してマニュアルで設定できるプリセット機能付き
(機種により名称が変わります)がおすすめ。


●その他
アクセサリーが装着できる機種。
建築物や室内の内装などを撮影したい人は、ワイドアダプターなどのアクセサリーを
装着できる機種が良いでしょう。

デジタルカメラに搭載されている、手ブレ補正機能
ある程度は有効ですが、手ブレを軽減するモードですので「あくまでも」のものです。
いくら付いているからといって、撮影時に気をつけないとブレてしまいますよ。


あなたのカメラはいかがですか?
これから買おうという方、参考になりましたでしょうか?

これからも私のくだらない日常と、これらの機能や写真技術を日々更新していきますので
こまめにcheck!してくださいね!
by photomo018 | 2006-04-27 11:25 | お仕事 | Trackback
トラックバックURL : http://suzucamera.exblog.jp/tb/1943722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menuへ