異国情緒


人気blogランキングへ

横浜 山手地区。
このあたりは西洋館が立ち並ぶスポット。
f0100215_10355274.jpg

後ろに見える西洋館は、1927(昭和2)年頃の建築物。
外国人向けアパートメントとして建てられました、「山手234番館」です。


この辺りを歩いていると良く声をかけられたのが、

「ドルフィン」は、どこですか?

という質問。
松任谷由美の「海を見ていた午後」に出てくる、
「山手のドルフィンは~♪」という歌詞の風景を訪ねてくる方が多いのです。
実際に実在するレストランなのですが・・・。

残念なことに、ドルフィンはここから歩いて行くのは、
かなり厳しいんですよ。
歩いたら30分はかかるでしょうか・・・。


 ←人気ブログランキングに参加しています!

このあたりでのお勧めは、この234番館のお隣。
「えの木てい」が有名です。
by photomo018 | 2006-07-29 11:08 | プライベート | Trackback(1)
トラックバックURL : http://suzucamera.exblog.jp/tb/2932080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 髭正のPhoto Gal.. at 2006-07-29 22:04
タイトル : 神戸より(天を貫く)
久しぶりの神戸から 梅雨の合間を縫って神戸港に行ってまいりました 神戸港と言えば、はやりポートタワー 1963年に建設され、先の阪神・淡路大震災にもビクともせず 悠々と天に向かってそびえ立っています 高さは108m、いくらでもこれより高い建築物はあるけれど 約半世紀の間、神戸港の移り変わりを見守ってきた この威風堂々とした姿、天を貫くほどの勢いに 畏敬の念を抱くのは私だけではなかろう 青空をバックに真っ赤なタワーが港にそびえる姿は美しい でも、美しさよりも、このタワーがもつ力強...... more
←menuへ