ハイキー・ローキー

人気blogランキングへ

写真には、適正露出があります。
ただ作品の意図により、意識的に露出をはずすのもひとつのテクニックです。

全体の調子を白っぽく仕上げる、これを「ハイキー」な写真といい、
逆に黒っぽい写真を「ローキー」といいます。
f0100215_20464851.jpg

          白っぽい表現 「ハイキー」
f0100215_2047111.jpg

          黒っぽい表現 「ローキー」


まったく同じ被写体を、同じアングルで撮影しても雰囲気がガラリと変わりますね。
(この写真は、背景とライティングを変えています。)

写真の表現は幅広く、同じ被写体をまったく違う表情に捉えることができる。
写真の最大の魅力でもあります。

私は季節を表現する時に、この手法を用いたりします。
f0100215_0475133.jpg

夏はハイキーに、爽やかで軽い表現
f0100215_048178.jpg

冬にはローキーに、シックで重厚な表現

と、いってるわりに夏でもローキーな写真を撮ったりしていますが・・・!
露出を変えた色々な表現を、皆様も楽しんでくださいね。


 ←人気ブログランキングに参加しています!

私のオフィスでは週に2回、お花屋さんが花を活けに来ます。
撮影のために、ちょっと拝借・・・(笑)。微妙にアレンジが崩れています。
社長、すみませんっ!
by photomo018 | 2006-08-04 01:02 | お仕事 | Trackback
トラックバックURL : http://suzucamera.exblog.jp/tb/2980090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menuへ