ON THE WALL


高架下に小さなチョークの落書き。

「一体だれが書いたんだろう・・・?」

そんな興味をいだいたのは、今から20年位前の事。
f0100215_23283249.jpg

横浜-桜木町、東急東横線が走っていた高架下。
現在は、もうこの区間は廃止となっていますが、
高架下一面に施されたストリートアートは、
市民に、観光客に、愛されています。

後で解かったこと、チョークの落書きは、
横浜を拠点として活躍されているアーティスト、ROCCO・サトシさんの作品だったこと。
写真に写っているのは、落書きの先駆者(?)ROCCOさんのイラストです。
(上に別のアートが乗せられてしまっていますが・・・。)

横浜市では、旧東横線高架下に連なる約1kmの巨大壁面を、
壁画による一大アート空間として活用する事を検討しているそうです。
試験的イベントを行なうため、アーティストを今月まで公募していました。
さてどんなイベントになるのでしょうね。

こすってしまえば消えてしまうチョークの小さな落書きが、
時を経て、大きく変ろうとしています。
by photomo018 | 2007-01-30 23:59 | プライベート | Trackback(1)
トラックバックURL : http://suzucamera.exblog.jp/tb/4479346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brasil_Photo.. at 2007-01-31 04:35
タイトル : 変電所横の壁。定点観測開始。
EOS KISSDN EFs10-22 店へ仕込みに行く途中、以前から気になっていた変電所横の壁で若者達が炎天下、一生懸命路上アートを作っているのが見えた。 この壁、去年あたりからやたらと落書きが増えているが、最近はそのレベルが上がっている、一体どんな若者が描いているのか気になっていた。 通常、仕事に行くときはコンデジしか持って行かないのだけれど、この日はなにかが気になってキスデジに超広角ズームのセットを助手席に放り込んでいた。 早く仕込みに行かないと開店に間に合わないが、「ええーい、...... more
←menuへ