思い出

私の家の近くに大きな銀杏の木があります。
いつもその下を通るのが、通勤経路。

この季節、帰り道に銀杏の木を見上げると、
ほんのり明るくて嬉しくなります。
f0100215_1153674.jpg

幼い時の記憶は、あまりはっきり覚えていないのですが、
ひとつだけ忘れられない思い出があります。

母と幼稚園の面接にでかけました。
4歳の時ですね。
幼稚園のマークが銀杏の葉の模様だったんです。
面接官の先生に、
「この葉っぱ、なんの木かわかる?すぐそこにもあるんだけど。」
と訪ねられました。
「すぐそこにある木」こそ、私が毎朝通っている銀杏の木なのですが、
答えられなかったのです。
「この葉っぱは、銀杏っていうのよ。覚えておいてね。」

子供心に、「答えられなかった=この幼稚園にはいれないかも・・・」
と思った事を今でも覚えています。
今でも銀杏を見ると、母に手をひかれてトボトボ帰った事を思い出します。

その後、幼稚園からは合格をいただいたのですが。
それでも忘れられないって、よっぽどショックだったのかもしれませんね。
by photomo018 | 2007-12-10 23:59 | プライベート | Trackback
トラックバックURL : http://suzucamera.exblog.jp/tb/7035172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menuへ