カテゴリ:お仕事( 683 )


f0100215_22335888.jpg



10月にはいると2017年も
あと3ヶ月!!と
気ばかりが焦ってきますね。

本日の一枚はスピード感。
普段はほとんど撮ることがない
流し撮りの一枚です。




f0100215_00101206.jpg


今日は雑誌・写真ライフの講座で
清澄庭園に行ってきました。

メインの講座は
”デコレーションレンズキャップ”
minaの中村先生。

私は製作の前後の時間に行う
スナップの講師でした。


清澄庭園には大きな池があり
鴨やアオサギ、亀などが
被写体になってくれます。

ただ生き物を撮るのではなく
水の波紋なども撮りたいなと
望遠レンズで狙っていました。

鴨(手前)の動きに合わせて
大きな波紋ができていたので
シャッターを押すと
後ろの鴨が波紋をつくる。

立ち上がってるし
主役より目立ってますよねぇ。
スナップはこういう一期一会が
楽しかったりしますけど。





f0100215_23542628.jpg


本日から鈴木知子ゼミ5期生修了展の
告知をスタートしました。

11月とまだ先になりますが
下記にご案内させていただきます。

またこの季節が来たなって思います。
展示の準備で慌ただしくなる頃・・・。
半年に一度やってきます。

1期の展示がちょうど二年前。
感慨深いものがありますね。


本日の一枚は
ゼミ1期の展示を行った
ブラフ18番館のギャラリーの前に
咲いていた彼岸花。

彼岸花の花言葉のひとつ
「情熱」は作品制作を続ける
ゼミ生、そしてゼミOBの
現在(いま)をあらわす
一言ではないでしょうか。





鈴木知子ゼミ5期生修了展
「つなぐ」

11月17日(金) 13:00から
11月22日(金) 16:30まで

エリスマン邸ギャラリー




f0100215_23103660.jpg


今年の秋は大好きな彼岸花が
たくさん咲いている場所には行けず
身近な場所に咲いている
彼岸花をスナップしました。

意外なところで見つけたりもして
来年につながるかと
期待しているのですが
どうなることでしょう。

本日の一枚はブラフ18番館の
プランターで咲いていた
一輪の彼岸花です。

イタリア山庭園には少しですが
彼岸馬が咲いている場所があります。






f0100215_22530850.jpg


仕事の撮影途中に見つけた
おおきな水たまり。

かなり癒されました。

そのあとには

やらなくちゃいけないことが
たくさんあることに気づいて
一気に癒しが吹き飛んだ
そんな月曜日・・・。

まだ月曜日だもんね。
頑張ります。




f0100215_19361939.jpg


私の事務所がある「横浜元町」。

昨日からチャーミングセールが
スタートしました。

チャーミングセールは
毎年2月と9月に開催されますが
期間中は平日でも人が多いです。


賑やかな一週間がスタートしました。
秋が来たなって、感じます。


本日の一枚は
セール期間中ではありません。
(この通りがいっぱいの人で埋め尽くされます)





f0100215_23525031.jpg


清澄白河でスナップした”青の小瓶”。

青が好きなので青のガラス小物は
自宅にもたくさんあります。

茶色と青の配色も好きなので
この組み合わせはツボだったりします。

タイトルはブルーボトルコーヒーにかけて
「Blue Bottle」にしました。
※清澄白河はブルーボトルコーヒー上陸で
脚光を浴びたので…。そのまんまです。



今日は鈴木知子ゼミ
5期の最後の授業でした。
これから11月の展示に向けて
一気に忙しくなります。
またご案内をしますので
是非足をお運びくださいませ!





f0100215_20542050.jpg


先日、BUKATSUDOの講座で
講評〜ゴハン部でお世話になった
LYURO東京清澄の2FにあるPITMANS
そして清洲橋醸造所。
こちらはアウグスビール初の
ブルワリーなんだそうです。

クラフトビールが飲めるならと
この日は普段は飲まない
ビールをいただきました。
苦手な理由は苦いから。

私が選んだアウグスホワイトは
苦味がかなり抑えてあり
とても飲みやすくおいしかったです。
苦いビールが好きな方には
ジュースみたく感じるのかも。





f0100215_21361010.jpg


久しぶりの”傾きの構図”。
大好きな電話室と言えばいいのか
Telephone Boothという
英語でタイトルをつけてみました。

窮屈な場所はあまり得意でなく
中に入って長居はしたくないのですが
被写体としてはとても魅力的な場所。

電話機がちょっぴり惜しい。





f0100215_21475176.jpg


まもなく解体される海の家。
そこに置かれたメロンソーダ。

夏の終わりを感じさせます。

気が抜けたメロンソーダの
あまいシロップ味が
夏の思い出を運んでくれるかな。



←menuへ