カテゴリ:ヨコハマなう。( 25 )


f0100215_22511755.jpg


本日で「ヨコハマなう。season2」が
終了いたしました。
たくさんの方にお越しいただき
誠にありがとうございました。

私も短時間ではありましたが
在廊している間にも
たくさんの方と会うことができました。

本日は以前勤めていた
制作会社の方が立ち寄ってくださり
久しぶりの再会。
このようなきっかけで
会いに来てくださるのが
とても嬉しい・・・・。

また次の展示に
期待していますと
声をかけていただき
終わりは始まりなんだと
スイッチがはいりました。

これからも多くの方に
集まっていただけるような
そんな場所を作りたいと思います。

次はどのような形になるか
まったく見えていませんが
楽しみに待っていてください。

本日の一枚は山手234番館
私の一番好きな窓。



デジカメWatch掲載

IMAオンライン掲載



withPhotoはコチラ
GANREFはコチラ







f0100215_0542438.jpg


嬉しいなって思います。
色々な人とつながれることが。

楽しいなって思います。
たくさんの人とつながれる時間が。

もっともっと
ずっとずっと
つながりますように。


グループ展2日目。

本日もたくさんの方と会えました。
ありがとうございます。


GANREFでの
オンラインギャラリーはコチラ


f0100215_041690.jpg



withPhotoはコチラ
GANREFはコチラ







f0100215_0224383.jpg


IPG軽音楽部のライブに
行って来ました。

そして本日の写真は
StartMacPhotoClubのKM部長
後ろに小さくドラムのKobakさん

ライブのトリを飾った
「Photographersバンド」の
メンバーは1月に行なった
グループ展「ヨコハマなう。」で
結成されたという
私にとって思い入れのある
素晴らしき仲間たち。

メンバー紹介のムービーには
グループ展の時の写真や
イラストレーターえこちゃん作
メンバーのイラスト
そして飲んでいる時の私の
写真まではいっていて
嬉しいやら恥ずかしいやら。

演奏はとてもカッコ良かった。
そして何よりも写真を通じて
多くの出会いがあったコト。
それが嬉しい夜でした。


4年ほど前に
グループ展にお邪魔をした
穂夏さんにもお会い出来て
打ち上げもサイコーに
楽しかったです。
帰りにラーメンが食べれなくて
それだけが後悔。
※お店が開いてなかった



withPhotoはコチラ
GANREFはコチラ




f0100215_23294583.jpg


ECRANセンセから
グループ展打ち上げムービー
完成版
が届きました。

打ち上げパーティー画像を
エントリー
した際に
「ラ・ブーム
~だってMY BOOM IS ME~」
という曲をBGMにしました。

そのパーティーにまつわる
色々なエピソードが
偶然、この曲の歌詞に
散りばめられていたから。


そんなBGMをつかった
ステキなムービー。
まさにThis Magic Moment!




本日のBGM

「This Magic Moment」
Lou Reed





f0100215_0523026.jpg


「ヨコハマなう。」の
打ち上げパーティー。

私たちに素敵なムービー
プレゼントしてくださった
大阪のECRANセンセ
お誘いしました。

雪が降っているというのに
もの凄い荷物で現れたセンセ。

手に抱えた
大きな段ボールには
「伊達直人」の文字。
中には私の大好きな花
ヒマワリが・・・!

素敵なお心遣いに
ドキドキでした。
演出にもね。


フットワークの軽さ
軽快なトーク

なかなかいません。
素敵な方です。
カッコイイ方です。

忘れ物もハンパじゃないから
私もセンセみたいに
なれるかな。



ECRANセンセ
本当にありがとうございました!
with LOVE xxx





f0100215_13432326.jpg


先日、2月11日に
グループ展「ヨコハマなう。」の
打ち上げパーティーがありました。

苦楽を共有した仲間と
楽しい時間を過ごしました。
ちょっとした
サプライズもあったりして!


出展メンバーの皆様

ご来場いただいた多くの皆様

ブログを通じて
エールをくださった皆様

本当にありがとうございました。




本日のBGM

「ラ・ブーム
~だってMY BOOM IS ME~」
カジヒデキ


ユーウツな雨がふりつづいても
雪がハート曇らせても

ドアの中で待っていた君に
魔法をかけたいのさ

ミニスカートもひまわりも
涙が出るくらい

いとしさのハーモニー

一口サイズのチョコが
口の中とろけるよ

何枚もドアをたたきつぶして
ここへきたよ

決して熱さのせい
じゃないのさ 本当さ


みんな僕を好き みんな君を好き
みんな自分の事も愛してる




これからもステキに
つながっていけますように。




f0100215_1573257.jpg


この1ヶ月
グループ展のための写真ばかり
撮っていた私。

ソレ以外は
考えられなかった
そんな不器用さんです。


本日のエントリーは
廊下に生まれた
デッドスペースを埋めるべく
急遽プリントをした作品。

ブルー・ライト・ヨコハマ
イメージに苦戦して
たくさんのカットを
撮るハメになりました。

イメージを探すために
とにかく移動をしては
ファインダーを覗きました。


そんな時に出会った光景。



今日は打ち合わせに出かけ
そのあとグループ展でご一緒した
IPG写真部の部長
SMPCの部長
お酒を飲みました。

次に何をやろうか
そんなハナシも出ました。

終わったばかりだというのに
次への第一歩が
始まっているみたいです。


こわい、こわい。







f0100215_0165172.jpg


Congratulations!

「ヨコハマなう。」
ブログ連動プリントプレゼント
当選者発表




「ヨコハマなう。」
ブログ連動プリントプレゼント
たくさんの方にご応募いただき
ありがとうございました。

本日、ひとり抽選会を
おこないました。
BINGOアプリを使って。


当選された方
おめでとうございます。

外れてしまった方
申し訳ありません。


3名にプレゼントのところ
5名に拡大しました。
サイズがちょっと異なります。

フレーム入りプリント
当選者の発表です。


<キャビネサイズ>
moricさん
touchan_3さん
tatsunami884さん

<Lサイズ>
nori_togoruさん
SKY ONEさん


以上、5名の方に
お贈りさせていただきます。
どんな写真が届くかは
到着までお楽しみに!


さらに・・・・・

ご応募いただいた方全員に
感謝の気持ちをこめて
<オリジナルプリントポストカード>
切手を貼って送らせていただきます。


当選者の方
ポストカードをご希望の方は
コメント欄に鍵コメで
下記をご記入ください。

■ID(ハンドルネーム)
■ご住所
■お名前


プレゼントの発送ですが
少々お時間をください。
2月中にはお手元に届くように
ガンバリマス!
楽しみにお待ちくださいね。


※本日エントリーのコメント欄は
該当者の方のみ
でお願いいたします。
申し訳ありません。





f0100215_23165984.jpg

f0100215_23174086.jpg


あなたの事が頭にチラついて
Sha la la




「ヨコハマなう。」で
数日間、撮影をご一緒したカレ
撮影後は必ずお酒を飲み
写真のハナシ、それ以外のハナシ
好きな音楽のハナシもしました。

「ローリング・ストーンズが好き」

そう言っていたのも覚えています。


「ヨコハマなう。」は
キース・リチャーズに声を掛けられて
ローリング・ストーンズの
ステージに立つくらいのオハナシです

会期中の飲み会でそんな一言。

ちょっと待て。
キース・リチャーズって誰のこと?
光栄すぎて絶句。
私は即座に「意味がワカンナイ」と
冷やかに言ったそうです。

たしかに言いました。
覚えています。


カレと出会ったのは
ほんの数ヶ月前のこと。

かなりインパクトがありました。
私にとってはとても。
実際にお会いする前
ブログでのおつきあいから
それは始まっていたんですけど。


私は自分の直感を信じています。
それはスナップ撮影に
通じるものがありますね。

どうしてカレを巻き込んだかは
まさに直感。


“あなたの事が頭にチラついて”


でもこれは間違いではなかった。
写真を見てくれた皆さんは
わかっていますよね。

※「 シャ・ラ・ラ」も横浜ソングです。



音楽のハナシをしたときに
私はあまりストーンズを
聴いていない。

でも「She's A Rainbow」は好きだな
そんなことを言いました。
CMにもつかわれた有名な曲です。

こんな歌詞があります。


Have you seen her all in gold?
Like a queen in days of old


展示をしたフレームは金色。

普段は言われないのに
「ヨコハマなう。」メンバーとの
飲み会では仲間内から
なぜか「女王」と言われました。


とっても不思議なエピソード。






写真仲間・howdyさんの
個展に伺って来ました。
素敵な沖縄フォトを皆様も!

2月1日までです。
詳細はコチラで。





f0100215_0473125.jpg

「YOKOHAMA SONGS」

これが実際の展示です。
ギャラリーの一番奥のコーナー。
ココをどうしても
使いたかったのです。

先日ブログにもエントリーをした
時間と空間


絶対にこだわりたいことでした。


「時間」

ゆっくり写真を
楽しんでいただくこと

コーナーだったら
立ち止まれると思ったのです。
他の来場者さまに気兼ねなくね。
そのために
2冊のブックを作りました。
じっくり見ていただけたでしょうか。


「空間」

YOKOHAMA SONGSの
世界に浸ってもらう

コーナーを利用して
ひとつの空間を作りたかった。
横並びではなく
挟み込むように展示をすることで
そこだけ別の世界観を
作りたいと思ったのです。


GOLD DISC
SILVER DISC

フレームの色がソレでした。
作品タイトルも
CDケースにいれて演出しました。
見てすぐにわかってもらえたかな。


ヤラシーですよね。


でもコンセプトから
展示まで自分のこだわりを
トコトン追求したんですよ。


したたかな私を褒めてください。


横浜には素敵な風景が
たくさんあります。
被写体の宝庫だと思っています。
あえてその部分を封印した自分。


写真の考え方
写真の見せ方
写真の感じ方


こんなカタチもあるんだって
思ってもらえればイイかなって。

強いメッセージはないけれど
単純に楽しんでもらえる
そんな展示があってもイイかなって。


ゴメンナサイ。

皆様の期待を裏切ることが
本当のコンセプトでした。

いい意味でね。

私がどんな写真を展示するか
楽しみにしてくれる方たちに
「何!これ?」と
意外性を感じてもらいたかった。


そんなイジワルな私を
許してください。






コメントのお返事を明日に。
たくさんのコメントを
ありがとうございます!

←menuへ