<   2006年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ゴールデンウィークを前にして、
衝動買いをしてしまいました。

以前から気になっていたんですよ。

カメラ♪
Rolleiflex Mini Diji

トイカメラを書いた時に、
自分、カメラマンだから一眼レフ云々・・・・と言っていたこの私。
なのに、トイデジカメと言われるカメラを手にすることになりました。

以前から気になっていたのですよ。
けど、ちょっと高いかな~なんて渋っていたのに、
ゴールデンウィークで遊びに行く際、連れて行きたいかな~なんて!

まだ手元に届いていません。
明日着くかな?
楽しみです。

このRolleiflex (ローライフレックス)。
世界ではじめて二眼レフカメラを作ったドイツのメーカー。
いまでこそ一眼レフ主流ですが、二眼レフカメラが一世を風靡した時代がありました。

二眼レフとは、実写用のレンズと
同等のレンズをファインダー用に用意して連動させる事により
ピント合わせを行うタイプのカメラ。
レンズが2つついたような顔をしています。
と言っても、私のはトイデジカメ♪なんですけどね。

届いたら、さっそくブログで紹介しますね♪


会社のH田さん。
Rolleiflex の二眼レフ、覗いてみたいってアンケートに書いてあったっけ・・・。
かなりサイズは小さいですが、形は同じ。
是非覗いてくださいね!


本日の東京はいいお天気。
暖かくなりそうです。
明日からのGW。
皆様のご予定はいかかですか?

私は、来週もお仕事。
もう少し、頑張っちゃいます♪




今日は、ポートレート写真の構図について


ポートレートとは、肖像写真のことをいいます。
主に人物の顔を記録したものです。
ちなみにスナップ写真早撮りで撮影した写真のこと。
狩猟用語のスナップショットが語源で、不意に現れた動物や鳥を、
即座に撃つという意味だそうです。
撮影中に、フィルムが無くなった時などは
「弾がなくなった!」などと表現したりします。
カメラと狩猟、共通する用語がたくさんあるんですよ。


わたくしの本日の獲物は、モデルのHIROMIちゃん。
それでは比較してみましょう!

f0100215_1036759.jpgf0100215_10361936.jpg


















こちらの写真、どちらの構図の方が良いと思いますか?
答えは

このような人物主体の撮影では、人物を画面内で一番目立つようにします。
大きく写るようにした方が良いんですね。
そのためには、余分な空間は排除します。

f0100215_1039865.jpgf0100215_1044146.jpg

















右の写真のように、頭の上をカットしても構いません。
頭を切ったら、縁起が悪い・・・・
とんでもありません。
確かに首で切ったら写真的にNGですが、
人物の頭の上は、なるべく空間を排除したほうが良いのです。
ポートレートとして、構図がまとまったと思いませんか?


これは背景を活かして撮影する時など、その場の状況により異なってきます。
せっかく旅行に行って、
背景がなにも写っていないポートレートでは、
「どこに行ったの?」
という、おそまつな写真になってしまいます。


写真の主題を明確にし、
「この写真はこれを表現したかったんだな」と、
わかる写真を心掛ければ、まとまりのよい写真が撮れると思います。
これはポートレートに限らず、撮影において全て共通すること。

余分な空間は排除する!

頭においておいてくださいね。


是非、GWのお休みはカメラ片手に撃ちまっくってください!
撃つべし!撃つべし!


先日、おこなった部内アンケート。
「一眼レフカメラがどういうものかもわからない。」
そんな回答もちらほら。

本日は、 写真のいろは どんなカメラがいいの? です。
f0100215_11232150.jpg  







カメラの種類、大きく分けると2種類です。

 
ひとつはコンパクトカメラ
特徴は、携帯性に優れていること。
ただレンズ交換はできません。

もうひとつは一眼レフタイプのカメラ
最大の特徴はレンズ交換ができること。
例えば、背景をボカシたような写真や、動くものを
撮る時に威力を発揮します。
機能を使いこなせば、表現の幅が広がります

ただし一眼レフの場合、
本体が高価な上に、レンズを揃えなければなりません。
そして大きさ・重さ。
カバンに「ぽいっ」というわけにはいきません。

良い写真を撮る = 一眼レフカメラ
という事では決してありません。


機能を使いこなせなければ、一眼レフも宝のもちぐされ・・・。
コンパクトカメラでも十分なんです。



カメラ選びのポイント

●画素数(デジタルカメラ)
写真をプリントしたり印刷したりしない場合には、ほとんど気にする事はありません。
画素数が高ければ、きめの細かい鮮明な写真にはなります。


●ズーム
遠くのものを大きく撮る目的と、先日歪みについて投稿した際に書いた
モノの形をキレイに撮ったり、強調する際には不可欠な機能。
3~4倍の光学ズームがおすすめです。
デジタルズームでは、ズームすることによって画像が劣化してしまいます。


●接写(マクロ)機能
お花マークなどで、表されます。
小さなものやアップで写す際に必要な機能。
ズームに制限にある機種の場合、小さなモノを画面いっぱいに撮影できないので、
店頭でチェックしてくださいね。


●露出(EV)補正
後日、詳しく投稿します。
ほとんどのカメラに搭載されていますが、オート撮影においては
必要な機能ですので、この露出補正の操作性の良い機種がおすすめ。


●ホワイトバランス
こちらも後日、詳しく説明しますね。
光源を選択できるマニュアル設定がついている機種を選んでください。
ネットオークションなどで色を忠実に表現したい人などは、
白い紙などを撮影してマニュアルで設定できるプリセット機能付き
(機種により名称が変わります)がおすすめ。


●その他
アクセサリーが装着できる機種。
建築物や室内の内装などを撮影したい人は、ワイドアダプターなどのアクセサリーを
装着できる機種が良いでしょう。

デジタルカメラに搭載されている、手ブレ補正機能
ある程度は有効ですが、手ブレを軽減するモードですので「あくまでも」のものです。
いくら付いているからといって、撮影時に気をつけないとブレてしまいますよ。


あなたのカメラはいかがですか?
これから買おうという方、参考になりましたでしょうか?

これからも私のくだらない日常と、これらの機能や写真技術を日々更新していきますので
こまめにcheck!してくださいね!

本日は、4/23に投稿しました「写真のいろは 歪み」の人物バージョンです。

人物の写真って、できれば綺麗に撮ってあげたいもの
そして撮られたいもの。
写真は真実を写しますが、真実以上のものが撮れたりします。
そしてその逆も・・・。

彼氏いわく、私のブログの写真を見て
写真うつり、いいね。」とのメール。
いちおう、プロが撮っていますからね(笑)

↑ わたくしのセルフポートレイト写真の事です


では、ズームレンズでの違いを見てみましょう。
ズームは3倍ズームを使用しています。

f0100215_22231743.jpgf0100215_22233236.jpg














左がW(ワイド・広角)側 ・ 右側がT(テレ・望遠)側で撮影。
左の方が、顔が大きく長く写っています。

ズームで形が変わることは、あまり知られていませんが形をきれいに写すなら
望遠(T)側で離れて写すのが、ポートレートの基本です。

f0100215_22255237.jpgf0100215_2226821.jpg















左 ズームをW側にして近づいて撮影。頭でっかちで足も短くなります
こんな写真では嬉しくないかも。

右 ズームをT側にして離れて撮影。バランスが良く、プロポーションが良くなります
アングルはだいたい胸の高さです。

f0100215_2234139.jpg

こちらはW側にして、
かなり低い位置(ローアングル)から撮影しています。
足が長く、スタイルは良くなりますが、顔が小さすぎて不自然に。
表現としては悪くないのですが、
腰が張って手がやけに大きく見えるのが欠点となります。











やはり、基本は「ズームをT(テレ・望遠)側にして、離れて撮る!」ですね。

今回は無背景で撮影しましたが、
ここに背景があると背景の見え方も大きく変わります。
いずれまた、比較してみましょう。

そしてポーズは、正面より少しななめ(30度~45度)の方が
さらにスタイルが良く写ります。
顔だけカメラに向いてもらうなどして、ナイスバディ!に撮ってあげてくださいね。

また誰かが、あなたの写真を撮る時にあまり至近距離から撮るようでしたら、
「ズームを望遠側にして離れて撮ってよ~!」
と注意してあげてくださいね(笑)

f0100215_22374944.jpg















今回のモデルさん

同僚のTちゃん。日々、撮影室で一緒に頑張っています。
お花のエキスパートである彼女のブログ「癒しの花生活」もどうぞよろしく。

今回のお洋服

ニット 
 これからの季節にぴったりのシンプルニット。使えます。

スカート 
 刺繍とスパンコールの凝ったディティールお奨め!
私の大切なペット。
金魚
皆、金魚すくいですくわれて、我が家にやってきました。

日曜日に1匹、入院(自宅のバケツ)しました。
なんとか落ち着いている様子。
元気になると良いのですが。



f0100215_10372279.jpg

小さな命、大切に育ててあげたいですよね。
それが、すくってきた人(飼い主)の
義務だと思います。








金魚の病気、たくさんあるんです。
犬や猫と違い、病気になったからといって獣医さんは診てくれません。
私は飼い主であり、彼らの医者であり、彼らの生活の場である水を管理する
重要な役目をはたさなければなりません。
いっぱい勉強したんですよ。
主にインターネットや本、ペットショップで情報をリサーチしました。

通常、餌をあげるときに体の変化や泳ぎを観察し、
おかしいと思ったら、すぐに対処します。
それが夜中であっても、会社に出勤する前でもです。



金魚の調子がおかしい時、何が効くと思いますか?


なんですよ。


といっても、濃度をしっかりはかってあげないと大変な事になってしまいますが、
私は0.5%の塩水にいれてあげます(塩水浴)。
カルキを抜いた水1リットルに対して、塩5グラムの割合で投入。
これで何度か、調子の悪いフラフラの金魚を救った事があります。

病気の金魚に対しては、1%の塩水などと書いてありますが、
私はこわくて実践した事がありません。
最近はこちら「塩で元気!」を使っています。



全ての生き物には不可欠とは聞いたことがありましたが、
淡水魚の金魚にを入れるというのは、びっくりでした。



f0100215_10111413.jpg

食いしん坊の金魚はとにかくごはん大好き
私が水槽の前を通ると、やんややんやの大騒ぎです。
ちょっと水槽に目をやろうものなら、
大歓声が聞こえてきそうな勢い(笑)!
彼らにとっては、ごはんをくれるお姉さん
ときちんと認識できているんですよね。

可愛いやつらです。





f0100215_10333276.jpg

現在、バケツの中で0.5%の塩水とお薬を入れて、療養中の金魚ちゃん。
早く良くなりますように












ここからは、撮影に関するお話。

水槽ガラス越しに撮影をする時、ガラスに色々なものが写りこんでしまいます。
アングルによっては撮影している自分まで写ってしまいます。

電車や車の車窓から撮影する時は、
レンズをガラスにくっつけて撮影すればきれいに写ります。

水槽などは、カメラの後ろ側の背景が映りこまないように、
後ろの背景を黒(布や大きなケント紙など)で覆います。
その時は自分も黒い布や黒い服を着て、写りこまないように気をつけて。

アングルを固定する場合は、カメラの前面をで覆ってしまえばいいんです。
※紙の中央にレンズの覗く部分に穴を開ける or 布2枚をレンズのところで交差させる


f0100215_10431146.jpg


今日のポイントは、
「ガラスなどの写りこみには黒をつかう」でした。
このは色々な場面で応用できますので、チェックですよ。


こんなこと出来ない、そこまでやるつもりはない!   ←そうですよね・・・。

そういう方はレンズの前に偏光(PL)フィルターを使用すれば、
表面反射を除去します。
フィルターを回転させて、一番きれいにうつる角度を見つけて撮影します。
そうしないと全く効果がありませんので、お気をつけて。


この偏光(PL)フィルター水面ショーウィンドウなどの撮影に威力を発揮します。
それだけではなく、青空や建物や自然の風景などの色彩を鮮やかにする
色彩コントラスト効果が得られます。
被写体の色が忠実に再現されますから、
風景撮影に欠かすことのできないフィルターでもあります。

カメラ量販店等で普通に手に入ります。
色々なメーカーのものや、口径のサイズなどありますので探してみてくださいね!
昨日は、彼に誕生日ディナーに連れて行ってもらいました!

ここのお店、私の大のお気に入り。
何かというと使っているイタリアン
クリスマスもここ。
先月に母のバースデーもここ。

ちょっぴりお高めなので、いざっという時は
いつもこちらを使っています。

f0100215_11135732.jpg

お野菜中心の前菜3種
お野菜命の私は、こういうお皿が大好き!
このあと手打ちパスタが出ましたが、
イワシを使ったものでした。
夢中で食べちゃって、写真はありません



f0100215_11142143.jpg

お魚はイサキ。お魚は2種類から選べます。
あっさりグリルの魚料理は、素材本来の味が楽しめて
これまた、おいしい。
つけあわせのソラマメは私の大好物♪
このあとレモンのグラニテでお口直し。




f0100215_11145242.jpg

お肉はプラチナポーク・地鶏・ビーフと少しづつ。
こちらもあっさりグリル。
3種のお肉が楽しめて個人的には大満足!
お肉とお魚は目の前でサーブしてくれます。





f0100215_1115134.jpg

デザートとお茶でラスト。
ヨモギのケーキと木苺のパンナコッタとアイス。
ここまで食べるとお腹いっぱい。大満足!








f0100215_1115924.jpg

なんといっても、このお店。
パンがもの凄くおいしいんです。
北海道産小麦を使ったパンでとにかく香りがいい!
このパンだけでも価値ありです
丸いパンはバジルを練りこんであります。
日替わりで、オリーブだったりドライオニオンだったり
買って帰りたいくらい大好き!



以上、お腹いっぱいの楽しい夜になりました。
ごちそうさまでした!


さて今回は携帯でパシャパシャ撮りましたが、
お料理写真の上手な撮り方は、
お料理の「上、少し後方」の光を活かすときれいに撮れますよ。
手前は少しレフ板(白い紙やボード)で光を受けてあげれば、
おいしそうなお料理写真が撮れます。
ご参考まで。

f0100215_22503023.jpg
















さてこちらのお店。
神奈川県 横浜市。
けっこう目立たない場所にある、知る人ぞ知るお店。
駅からも近いので、皆様も立ち寄ってみてください。
平日のランチはリーズナブルですよ!

Restaurant PANE E VINO

ちなみにお店の名前は「パンとワイン」
こだわりのパンは、是非食べてみて欲しい!
今日は写真のいろは。
ゆがみについて。


被写体の歪み、気になったことはありませんか?


f0100215_19254064.gif
プロは歪みに関しては神経を配ります。
水準器を使って、平行・水平を確認したり、
ビューカメラという蛇腹のついたカメラや(右写真参考)、
アオリ機能付きのレンズなどを使って歪みを直します。
このあたりはいずれお話しする事にします。


皆さん、持っているのではないでしょうか?
ズーム付きコンパクトカメラ

このズーム、遠くのモノを大きく写すだけではないんです。
他にも大切な役割があるのです。


ズームとはレンズを調節して画面の中に写る範囲を変える機能です。
W(広角/ワイド)は広い範囲が写り、T(望遠/テレ)側にすると狭い範囲だけが
写るようになります。
同じ場所から被写体を撮影すれば、Wは小さく、Tは大きく写る事は
皆さん解っているかと思います。


ズームをW側にして被写体に近づいて撮影、
逆にT側にして被写体から遠ざかって撮影、
画面に占める被写体がだいたい同じになるように、調節して撮影してみました。

f0100215_1054036.jpg














上の写真、左はT側にして離れて撮影(ちなみに3倍ズームで撮影)、
右はW側にして近づいて撮影
この違いを確認してください。

右がかなり歪んでいますよね。これはレンズの影響です。
W側はパースの影響で歪みが出てしまうんです。
f0100215_20132879.jpg

















このような箱に限らず、形をきれいに写したいときは
T側で離れて撮影すると覚えておきましょう。



たとえば、下のボトルの写真。
同じように比較写真を撮りました。
f0100215_19495716.jpgf0100215_19501275.jpg

















左はT側にして離れて撮影 ・ 右はW側にして近づいて撮影

右はボトルとラベルの天地の線が湾曲しています。
ボリューム感がでるので、広告などでは新商品の登場感などを表現する時に用いたりします。
見た目に近いのは、やはり左側ですよね。



ネットフリマなどに出品している方は、必見です!
Tシャツなど置いて撮る時も、同じことが言えます。
f0100215_20134463.jpgf0100215_20135846.jpg









こちらのキャミソールも同様に、右は歪みが出ています。
やはり左の方がきれいです。


人物などにも同じ効果がありますので参考にしてくださいね!


形をきれいに写したいときは
T側で離れて撮影する
をお忘れなく!!


上の写真でも使用していますが、私のお仕事ウェブアラモーダ
新商品が続々と出ております。
忙しいです(笑)。
是非お店の方にも遊びに来てくださいね!
私は、基本的には丈夫です。
たくさん食べるからでしょうか。
寝不足でも、元気です。

結構、仕事に関しては真面目で体には気をつけています。
というか、自分の中で仕事のウエイトがもの凄く大きいんだと思います。
アシスタント時代は、仕事を休む事なんてできませんでした。
フォトグラファーになったらなおさら、仕事に穴を開ける事ができないと、
責任感に似た気合いで、頑張っています。

もちろん調子を崩すこともありますが、たいてい休みの日に寝込みます。
性格的にそれが良いのだと、自分を慰めてみたり。。。。
基本は「元気」です。

けれど、この元気の源。
実はお守りなんかに頼っていたりして(笑)
もともと、お守りなど興味がなかったのですが、
今は肌身離さず持っています。
f0100215_22454386.jpg


関東の三大使のひとつ 川崎大師
こちらの境内にある文銭堂
こちらで購入している指輪。
値段は高くありません(笑)









この指輪、かれこれ7年くらいつけています。
もともと友達に教えてもらったのですが、今では私のまわりではかなりの人がつけています。
実はモデルのAYAKOさんも持っています。

この指輪は厄除けなのですが、
もし無くなってしまった時などは、指輪が自分にふりかかるはずの
厄をかぶってくれたと解釈するそう。
また、困った事が多い時は指輪がかなり変形したりします。
私は厄年の時は、楕円のような形に変形してびっくりしました。
一緒にくれるお守り(お札)はいつもお財布に。
そして、指輪は左手の小指が私の定位置になっています。
毎年1回、川崎大使に行って指輪とお守りを納め、
また新しい指輪とお守りを買っていきます。
f0100215_22581170.jpg

神のご加護がありますように
といった意味を持つモチーフリング
ノジェスで購入











さきほどのリングと2個づけしているリング。
父が他界した時にお守りがわりとして購入。
父はクリスチャンだったので。
これも大事にしているお守りです。
めったに外すことはありません。


f0100215_23171997.jpg

サッカー大好きな私のお守りはこれ。
ボンフィン









今はつけることは無く色違いで3本、お部屋に飾っています。
ボンフィンとはブラジルが原点の幸福を願うお守り
リボンを右手首に巻き、ひと巻でひとつ、3つまで願いごとができるそう。
リボンはそのまま手首につけておき、自然に落ちる時に願いごとが叶うといわれています。

このリボン。
軌跡を呼ぶボンフィン教会にちなんだもの。
以前は手首に巻いていましたが、落ちたかなり後に願い事はかないました。

f0100215_2321077.jpg


鎌倉 本覚寺
にぎり福

にぎって福を得る、お守り。
ひとつひとつ手書きで描かれています。









このお守り、可愛いんですよ。
いつも部屋の隅に置いています。
裏側に、文字が書いてあり
愛 ・ 健 ・ 福 ・ 学 ・ 財
と5種類あります。
今年はを購入。
このキュートなお守り欲しさに、こちらのお寺は外せません。
ちなみに鎌倉七福神の恵比寿様を祀るお寺。
笑いの神である恵比寿様のご利益がありますように。


宗教がめちゃくちゃではありますが、そこは日本人。
信じる者は救われるの精神で、常日頃大切にしているお守り。
元気の源は、これらお守りのお陰かなと感謝しているんです。
by photomo018 | 2006-04-21 14:00 | Trackback
先日、シャッターの事について書きました。
今日はスローシャッターを使った、夜景撮影について。

私も学生の頃はたまに撮影した手法ですが、わざとブラしてみる
f0100215_1913433.jpg

イメージっぽくて、
これはこれでありかと。









写真の技法にペンジュラムという撮影方法があります。
振り子を意味したこのペンジュラム
カメラを固定して、光の移動でモチーフを描くとCGのような効果があります。
かの有名なピカソがペンライトでケンタウルスを描くペンジュラム写真もありました。

これはその逆です。
カメラを動かして撮影すると、夜景もこんな感じに。
f0100215_1541544.jpg













f0100215_15412012.jpg













次は、一眼レフカメラのズームレンズを使って、
露光中(シャッターが開いている間)にズームを動かしてみました。
f0100215_19152444.jpg


普通に撮ったら、こんな夜景










f0100215_19153566.jpg


ズームをしたら、光線もズームします










道路を撮影すれば、何やら光の軌跡
車のヘッドライト、テールランプも光線として写ります。
f0100215_19294578.jpg













f0100215_19302554.jpg


ハイウェイや交通量の多い道路なら、たくさんの光の線が並びます。








これらの写真。なにもテクニックは要りません。
ただ構図を決めて、三脚(固定できる手すりや塀でも)にカメラを据えて、
スローシャッターをきるのみ!
ただし明るさは色々撮っておいてくださいね。

f0100215_19384181.jpgf0100215_19391189.jpg


















写真はがあってこそのもの。
空に太陽があるかぎり、空に月があるかぎり、街に光があるかぎり、
写真を写すチャンスはあるわけですね。

たまにはこんな夜遊びしてみませんか?
f0100215_22561099.jpg

わたくし、また年を重ねました。


一足早く家族が祝ってくれた、バースデー。
普段は撮ることが専門の、私が写っている写真は、
幸せそのもの。

もっと年を重ねた私は、この写真を見ながら
どんな事を思うのでしょう。
年をとるのも楽しみだったりします。




そんな私の家族。
笑いのたえない陽気な家。
学生時代から友達がたくさん出入りし、
私の両親とも友達のような関係。
人間だけではありません。

動物もたくさんやってきました。

野良猫がお庭で子猫を出産し、
そっとしておくつもりがちょこちょこ盗み見したりして
翌日、親子猫ともども家出されてしまったり・・・・
ある時は、どこからか逃げ込んだ日本猿(!)が現れたり、
前の家のが、我が家に入り浸ったり。
いろんな笑えるエピソードが多々あります。

その中でも、かわいそうで笑えない、
でも笑ってしまう猫のお話


ある平日の朝、両親に起こされて目が覚めました。
私は仕事の時は、寝坊する事なく目覚ましで確実に起きれるので、
朝は放置状態。なのに、この日に限ってなぜ・・・。

大変なのよ!早く起きて!

なにが大変なのか、とりあえず両親のところにいったのです。
2人は窓の外、隣家との間の路地を眺めていました。
私のうち、坂の途中に建っていて路地から2mほど高くなっているのです。

そこには1匹の猫

どうやら缶のようなものを頭からかぶって、うずくまって元気がない様子

かわいそうに、視界も奪われ、
どう見ても缶の大きさから見て、それほど余裕はありません。
頭がすっぽりはいって外れないわけですから、ジャストサイズだったのでしょう。

よ~く目を凝らして見ると、その缶詰


f0100215_22572244.jpg




愛犬元気(犬用ペットフード)



それを見た瞬間、同情していた3人はおかしくておかしくて
笑い出しました。大爆笑です(不謹慎ですが)。
さんざん笑ったあと、母が息を呑みました。

昨夜、我が家の愛犬に愛犬元気をあげたと・・・。
明日のごみと一緒に捨てようと、ビニールにいれて
お庭の隅に置いておいたと・・・・。
しかも夜中に、缶蹴りのような缶が転がる音が聞こえたと・・・。


f0100215_22563843.jpg

そうなんです。
我が家のせいなんです。
缶が転がる音=猫が缶をかぶったまま路地に転がったのでしょう。
ごめんなさい・・・。

出勤前の忙しい時間なのに、猫救出作戦です!
私がそろりそろりと猫に近づき、缶を手にした瞬間
手の甲を猫にひっかかれ負傷
これから仕事なのに、大丈夫かな・・・

そこへ通りがかりのサラリーマン。
勢い良く缶をはらい、救出成功
缶も10mぐらいふっとびましたが、猫もすごい勢いでふっとんで逃げていきました。
まさに、猫まっしぐら



ほんと人騒がせな家族です。
あの猫には悪いことをしました
けど、そんな我が家は動物大好き。
また、楽しい仲間が遊びに来ないかな。


実はこんな大騒ぎして、写真は撮りませんでした。
カメラなんていうもの、全く忘れていました(笑)。
ほんとだめだめカメラマンなんですよ・・・。


f0100215_22581371.jpg
ほんとひどい話しだにゃ~
ごもっともです・・・・。
←menuへ