<   2017年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


f0100215_00150135.jpg


山下公園に係留されている氷川丸には
海鳥が集まってきます。

この辺りで見られる海鳥は
ウミネコ、ユリカモメ
セグロカモメ、オオセグロカモメ。

ユリカモメ
セグロカモメ、オオセグロカモメは
冬鳥として飛来するらしく
夏場はほとんど見られません。

この日は海鳥(ウミネコ)の集会があったようで
久しぶりにたくさんの海鳥を見ました。





f0100215_19215558.jpg


「大当たり」というタイトルですが
何かが当たった訳ではありません。

提灯に描いてある「大当たり」を
そのままタイトルにしました。

射的、見ているだけでも
ワクワクしますね。
欲しい商品に当てたことは
ありませんが・・・。

キャラメルくらい・・・。





f0100215_20535984.jpg


今週は夏休みの方も多そうですね。

私は通常運転ですが
街はHolidayモードです。

桜木町〜みなとみらいは
大変なことに。

私の事務所がある元町も
観光地なので
普段の平日よりも人は多め。

昨日はポケモンGOなのか
駅のまわりは怖いぐらいの人だかり。

今日は朝から何かのロケがあって
有名女優さんが来ていました。
近隣の店員さん達も
通りに出てきていたので
やはり人は多め。


漁港のHolidayはとても静か。

静かなところで
のんびり過ごしたいな。
そんな願望の一枚です。





f0100215_17534646.jpg


暑い毎日も辛いのですが
毎日雨模様というのも
なかなか辛いものがあります。

だって、夏ですよ。
(夏好きです)

7月に出かけた先では
天気が良かったこともあり
私の肌も腕を中心に
ちょうど良い焼き色に。

日傘はもちろんのこと
日焼け止めもつけていません。

気にしなければいけない年頃は
とっくに過ぎていますが
”小麦色の肌”が好きなんです。


だから夏は”日に焼けた肌”を
被写体にしたくなります。






f0100215_21040701.jpg


ギリシャ神話では蓮の実は
「俗世の苦難から解放し
甘美な夢を見させてくれる実」
なのだそうです。

このところ眠りがとても浅く
夜中に何度も起きています。
甘い夢が見たくても
夢を見たのかも覚えていません。


今日の一枚は
ドリーミーな雰囲気に。






f0100215_23335694.jpg


淡路でスナップした
船の整備工場。

休日ということもあり
工場も夏休み状態。

ジリジリと照りつける陽射しと
青い空(雲多め)。

夏のひとコマ。



f0100215_00051917.jpg



朝型ですか?
夜型ですか?


私は夜が強いわけではありませんが
夜早く寝ることができません。

”明日早朝に起きる”
そういう時は
早く寝ようとベッドに入るも
全く寝付けない。
なので朝が早い時は
つねに寝不足。

だからといって
朝が苦手でもないのです。


どちらかというと夜型?
朝型に切り替えたいんですけどね。








f0100215_00025876.jpg


私にとって睡蓮といえば
「うたかたの日々」。

小説のタイトルですが
「うたかた」の意味は
泡沫、はかなく消えやすいこと。
美しい言葉だなといつも思います。



今日は鈴木知子ゼミ一期の有志メンバーと
プリントを持ち寄っての
蝋引きワークショップ。
私は生徒として参加!
素敵な仕上がりに大満足でした。
そしてBBQでワイワイと。
お世話になったMさん、感謝です。

楽しい一日は
あっという間にすぎますね。








f0100215_18255637.jpg


フェンスがあって
先に行けない場所は
気になるものです。

この日は雨がぱらつくなど
あいにくの天気でしたが
この場所では
「曇り空が合うかも・・・」と
思わずスナップしました。






f0100215_20115426.jpg


今日は暑かったですね。

横浜は最高気温36度の予報でしたが
思ったよりも快適だったのは
「絶対に暑い!」のを前提に
気をつけていたからでしょうか

みなとみらい〜象の鼻パークまで
ピカチュー&ポケモンイベントのようで
ものすごい人だかり。
平日なのに大盛況でした。
社会人も夏休みにはいったんでしょうね。

喧騒を逃れむかった山下公園では
浴衣姿の人がたくさん!
船着場にたくさんの並んでいて
事務所に戻って調べてみたら
「横浜ゆかた DE マリーンルージュ」とか
浴衣付きのクルーズプランもあるようです。

写真を撮る私は
浴衣で出かけることはありませんが
浴衣姿を見ると「いいな〜」と
羨ましくなります。





←menuへ