タグ:FLOWER ( 486 ) タグの人気記事


f0100215_21331549.jpg



気持ちをリフレッシュするため
特に夏場は汗をかくので
オードトワレやボディスプレーなどを
使うことが多いのですが
毎年買っているのが
ウォーターロータス(睡蓮)。
気分だけでもリゾートです。


睡蓮は特に好きな花。


写真に撮ってあらためて見ると
ゴージャスでもあり可憐でもある
実に美しい花ですね。






f0100215_21212422.jpg



夏の日に夜が明ける頃
ゆっくりと花開く。

花の命は4日間。
そして次の命へ。

花が終わり種が落ちる。

種から発芽し
花が咲くまで
3年かかるそうです。



短い花の命が神秘的にも
感じられますね。






f0100215_23302934.jpg



多くの花と関わりがある
ギリシャ神話。

水の精クリュティエは
太陽神アポロンに恋をする。
しかしそれは叶わぬ
片思いの恋。
ある日とうとう
彼女の足は地面に根付き
顔が花に変わってしまった。

こうして今でも
ヒマワリとなった
水の精クリュティエは
太陽神アポロンを
見つめ続けている。

「私の目はあなただけを見つめる」

そんな花言葉は
水の精クリュティエの想い。

そんなストーリーが頭にあって
ヒマワリを正面からとらえるのが
好きだったりします。


今日は晴れたり曇ったり
バリエーション豊かに
スナップができました。

ヒマワリは場所を変えて
もう一度行きたいな。





f0100215_00262676.jpg



蓮の果托とひまわり。
毎年撮りたいと思っている
私の中の二大「夏の花」。

ランチに行ったお店の入り口で
今年最初のシューティング。
(蓮は花ではありませんが)

まだ間に合うかな。
ちょっぴり焦ります。

カメラをモノクロの設定にしてあり
覗いた時のインパクトで
そのままモノクロでスナップしました。
(カラーもおさえてますけどね)







f0100215_23353661.jpg



梅雨の頃は
紫陽花をはじめ
ブルーやムラサキ色の花を
よく見かけます。

雨の季節に
とても似合いますよね。

仕事の時は
綺麗な状態の花を
撮ることが多いのですが
プライベートの時は変わります。

花にも個性がある

そんな部分を切り取りたいなって
思ったりします。


今日は岐阜に来ました。
明日は高校での授業。
ちょっぴりドキドキ。
頑張ります。






f0100215_23124900.jpg



本日、bukatsudoの文化祭。
多くの方にお越しいただきました。
ありがとうございます。

トークショーも無事終わり
ほっと一息です。

BKDカメラ部も部員が増え170人超!
(一度でも講座を受講されると入部できます)
これからも顧問として
いろいろな展開を考えたいと思います。
まずはBUSHITSUを持つことかな。



文化祭は終わりましたが
展示はまだ続いています。
ぜひbukatsudo
みらい横丁へお越しください!







f0100215_22204852.jpg



古い一枚の写真が
メールで届きました。

27年ほど前の
私が写っている写真。

驚くほど若くて細い(笑)
その頃の私は
人生で一番細い時。


写真を送ってくれた方とも
もう四半世紀を超えた
知り合いだったりします。

歳はとりたくないけど
歳をとるのも悪くない
そんな風にあらためて
思ったりしますね。



大好きな小説
「うたかたの日々」。
睡蓮が鍵になっています。

うたかた(泡沫)は
儚く消えやすいもののたとえ。

27年という歳月は
「うたかた」ではないですね。
強い絆を感じます。

本日の一枚は
睡蓮の花言葉から
「信頼」という言葉を
チョイスしてみました。





f0100215_22451325.jpg



紫陽花が一気に色づき始めました。
もうそんな季節ですか。

沖縄は一足早く
梅雨入りしていますしね。
なんだか焦ります。

明日はBUKATSUDOで
初めての「多重露出ワークショップ」。

まずは初めの一回目ということで
いくつかの多重露出のパターンを
用意してみました。

やわらかく幻想的な
ふんわりとした描写の
多重露出が好きだったりします。

どんな作品に出会えるのか
とても楽しみであります。


本日の一枚も多重露出です。






f0100215_00401825.jpg



本日からゼミ生の展示が
スタートしました。

私の気分はというと
「つぼみの花が開いた」
そんな心境です。

というのはゼミ生ではなく
自身の展示作品。

やはり展示をするには
自分が納得いくものをと
私なりに考えた作品です。

タイトルは「横濱浪漫」。
「浪漫」の意味はというと・・・

ロマンス。小説、特に長編小説。
感情的、理想的に
物事をとらえること。
夢や冒険などへの
強いあこがれをもつこと。

私にとって横浜は特別な場所で
ここで過ごした年月は
まさに長編小説。
そんな想いが伝われば嬉しいです。



16日まで開催しております。
ぜひ会場にお越しくださいませ。

山手の丘は薔薇も
美しく咲いていますよ!
カメラ片手にぜひぜひ。





f0100215_23311540.jpg



すでに横浜ではチューリップは終わり
藤の見頃を迎えています。

以前はゴールデンウィーク頃に
チューリップといったイメージが
あったのですが・・・・・。

春ってあっという間ですよね。

最近はスプリングコートを
着る機会が少なくなっています。


私の家族のバースデーは
3〜5月に集中しています。
この3ヶ月はイベント続きで
家の中が華やぎます。





←menuへ