タグ:yokohama ( 2081 ) タグの人気記事

f0100215_07794.jpg


この写真のタイトルが、なぜ「楽園」?と思われるかも知れません。



私はこの光景を見たときに「楽園」というワードが、頭に浮かびました。

夏には雑草が、元気に短かき生命を謳歌していたのです。
季節はめぐり、冬となった現在は枯れてしまいましたが・・・。

何度も通っている道、横浜(私の自宅近辺)ではあまり見られなくなった空地。
そんな空地に安住の地を求めるように、種を落とした雑草。
家も建たない様な小さな空地、ここは彼らの楽園・・・。
そんなイメージでシャッターをきりました。

私がスナップするときは、たいていタイトルが決まっています。
タイトルを決めずに、ただ撮った写真は、
後で見返しても、大抵がボツになります。

タイトル(テーマ)をあらかじめ設定することによって、
撮影意図が決まると思っています。
これはあくまでも、私の撮影法です。

表現は人それぞれ。
自分が良いと思う作品には、変な思い入れもあり、
他人の評価は別の話なんですけれどね!
f0100215_2255344.jpg

公園で噴水を撮影しました。
先日、いねむり猫を見つけた「港の見える丘公園」です。

バックに写っている建物は、横浜生まれの作家「大仏次郎(オサラギジロウ)記念館」です。
「鞍馬天狗」シリーズや、「霧笛」などの作品を残しています。

大仏次郎は、生涯の伴侶と言うほど、大の猫好きだったそうで。
野良猫を含め面倒を見てきた猫の数は500匹を下らなかったようです。
「港の見える丘公園」には、たくさんのがいます。
大仏次郎を慕って、訪れているのかも・・・?
なんて考えてしまう、すずであります。

こちらの写真は、大仏次郎記念館と近代文学館を結ぶ橋で撮りました。
こちらも大仏次郎の作品にちなみ「霧笛橋」といいます。
こちらは春も、いいですよ!
桜の季節に、またアップしたいと思います。
f0100215_0263980.jpg

イベントホールのような佇まい、ここは駅です。

昨日、アップいたしました「赤レンガ倉庫」。
最寄り駅でもあります、みなとみらい線「馬車道駅」。

横浜-新高島-みなとみらい-馬車道-日本大通り-元町・中華街
(東急東横線が直結しているので、渋谷から一直線!)

横浜の観光スポットを結ぶ沿線です。
みなとみらい線は、なんと言っても個性溢れる駅がおもしろい。

中でも「馬車道駅」が私のお気に入りです。
f0100215_0311735.jpg

駅全体のトーンが、歴史を感じる煉瓦の色を基調としています。
f0100215_0322370.jpg

休日でも、混雑していないのが不思議。
独特な空間が広がっています。

他の駅も、またあらためてご紹介いたしますね!
ひとつひとつの駅が、ミュージアムのようですよ。




コメントのお返事、訪問が遅くなりまして申し訳ありません。
ゆっくりですが、お伺いいたしますね。
横浜 赤レンガ倉庫。
現在、こちらにスケートリンクが設けられています。
f0100215_239499.jpg

楽しそうなカップルや、家族連れ。
人が多すぎるようで、あまり上手に滑れないみたいです。
スケートリンクの外で撮影していたら、そこに向かってつっこんでくる人、多数(笑)!

そういう私もスケートは苦手。
2年ほど前に、久しぶりにスケートリンクに遊びに行ったのですが、
立つこともやっと・・・。生まれたての仔牛状態でした。

普段は「イナバウアー」などとギャグをとばしている人も、
リンクの上では、なかなか出来ないですよね(笑)。
そんな事をしている人は、さすがにおりませんでした。


☆ ave999さんのblog 「blue blue」 にTBさせていただきました。 ☆
こちらも、横浜 大さん橋でのスナップです。
夜景の撮影スポットは、桟橋の2F・屋上庭園。
1Fは客船ターミナルやレストラン、イベントホールなどがあります。
f0100215_13571495.jpg

ここは1Fと2Fを結ぶ連絡通路。
「青の世界」が広がっています。

海の中をイメージしているのでしょうか。
近未来的な雰囲気が漂っています。
f0100215_1565018.jpg

昨日アップしました、横浜「大さん橋」。
障害物がないなどと書いておりましたが、あえて障害物をいれてみました。

ウッドデッキ越しに見た風景。
以前、夕景でもアップしています。

撮影時は、腹這い状態で肘を地面につけホールドしています。
ISO800の高感度撮影、シャッタースピード 1/25秒。

柵や地面で肘を固定するだけで、手ブレは極力押さえられます。
もちろん100発100中ではありません。
失敗写真も多々あり・・・(汗)。
f0100215_2282422.jpg

ちなみに通常のスナップ写真では、ほとんど三脚を持たずに撮影をしますが、
仕事となると、間違いなく三脚を使います。
プロとアマチュアの違いは「三脚を使うか使わないか・・・」
などと言われるほどの、重要ファクター。
よほど動きを求めない限りは、三脚使用を心がけています。

使用機材は、HUSKY 4段、と同じくHUSKYショート 4段を使用しています。
安定感は素晴らしく、操作性も良い三脚です。
しっかりした三脚をお探しの方は、ご参考まで!

ただネックなのは、高価で、重い事なんですけれどね。



■お詫び■
たくさんのコメントをありがとうございます!
本日はお返事が出来ませんが、もうしばらくお待ちください。
申し訳ありません。
休日に、何かいいモノが撮れないか、
桟橋に行きました。

この日は夜景狙いの、カメラマンが三脚をたてて並んでいました。
ここから見る「みなとみらい地区」は、障害物も無く、
いわゆる「美しい夜景」が撮れるスポット。
f0100215_235713.jpg

10人ほどでしょうか。
皆さん、真剣です。
モクモクとシャッターを押しています。

そんな姿を見ていたら、なぜかメラメラ(笑)。
一緒に並んで、撮影してきました。
三脚を構える人達の間に、ひとり手持ちで・・・・。
f0100215_0213165.jpg

ふと目に入った長い影に、時間の経過を感じます。
日没が近いことを察知して、やけに焦ってしまいます。
f0100215_2233988.jpg

風景写真、いわゆるひとつの「額縁構図」

窓や壁や柱などを額縁にみたて、構図を決める撮影です。
私は、「額縁構図」が好きで、色々なものを額縁にみたててはめこみます。

風景写真もほんの少し見方を変えるだけで、
いつもと違った雰囲気に・・・。
ピント位置を手前にしたり、奥にしたり、パンフォーカスにしたり、
色々と遊べます!

昨年は、こんな「額縁構図」も撮っていますよ~!
f0100215_0142730.jpg

「散歩の途中だったのに、お母さんはショッピング・・・、早く戻ってこないかな?」

横浜 元町商店街。
犬を連れてショッピングを楽しむ人が、とても多いショッピングストリート。

f0100215_2222336.jpg

街の中に2箇所、「ペットバー」が設けられています。
中にボタンがあり、押すことによってトレイに給水されます。
リードを繋げられるように、フックが着いているのが分かりますか?

ワンちゃん大歓迎!
元町商店街のさりげない気持ちが伝わってきます。
←menuへ