タグ:yokohama ( 2107 ) タグの人気記事


f0100215_18452244.jpeg



今日は雨が降る中
近隣の花の状態を調べるため
ロケハンに出かけました。

傘も持っていたので
カメラを持たずスマホを片手に
ぶらぶらと。

途中、風にあおられ
傘が逆さに何度もひっくり返り
傘をさすこともできず・・・。


本日の一枚は
私の大好きな水たまり。
小雨の時に撮りました。

スマホですけど・・・。






f0100215_21402499.jpg



今日はBUKATSUDOの講座で
横浜赤レンガ倉庫にて
アフリカンリゾート・スナップ。

イベント会場の両側にはハンモックがあり
何人かの方がリラックスムードでしたが
手にはスマホ、そしてカメラ。

私のイメージでは片手には文庫本
いまどきはスマホで自撮り
そんな感じでしょうか・・・。

イメージが古いですか(苦笑)


このような特設ハンモックでは
長居はできないから
文庫本読んでたらヒンシュクですけどね。
さらにいまどきの読書は
iPadもしくはKindleでしょうか・・・。





f0100215_18435281.jpg


西洋館の窓から
外を見ると「絵を描くひと」。

赤いTシャツがきいています。



【告 知】

8月25日(金)発売

Lightroom [美]写真メソッド
プロが教える感動写真の仕上げ方

3作品 掲載されています
Adobe Lightroomを使いこなしたい方
オススメですよ!





f0100215_23424503.jpg




蝉の抜け殻
今年の夏も被写体にして
スナップはするけれど
ブログにはアップせず。

今朝見つけた抜け殻は
光が透過していて
キラッと輝いていました。


季語でもある「空蝉」は
蝉の抜け殻、空しい世の中
この世に現に生きている人
といった意味があります。





f0100215_22433272.jpg


「猫は快適な場所を知っている」

よく言われていますよね。


気温は高く
とてつもなく暑いのに
快適に見えるから不思議。


すやすや。






f0100215_23411286.jpg


昨年の作品展にも登場した
猫のみーちゃん。

「我輩は猫である」的に
上から目線。

モデルになってはくれるけど
マイペースで
それほど友好的ではありません(笑)

実は2012年の作品展でも
全紙にポストカードを
8枚構成した額を展示して
事務所のデスクに飾ってあるんです。

そのうちの1枚は
このみーちゃんだったことに
あとで気づきました。
長いつきあいになってきました。

それにしても
なかなか気持ちよく晴れませんね。
青空の時に室内で仕事を
していることもあるという
タイミングの悪さ!






f0100215_00150135.jpg


山下公園に係留されている氷川丸には
海鳥が集まってきます。

この辺りで見られる海鳥は
ウミネコ、ユリカモメ
セグロカモメ、オオセグロカモメ。

ユリカモメ
セグロカモメ、オオセグロカモメは
冬鳥として飛来するらしく
夏場はほとんど見られません。

この日は海鳥(ウミネコ)の集会があったようで
久しぶりにたくさんの海鳥を見ました。





f0100215_21040701.jpg


ギリシャ神話では蓮の実は
「俗世の苦難から解放し
甘美な夢を見させてくれる実」
なのだそうです。

このところ眠りがとても浅く
夜中に何度も起きています。
甘い夢が見たくても
夢を見たのかも覚えていません。


今日の一枚は
ドリーミーな雰囲気に。






f0100215_00025876.jpg


私にとって睡蓮といえば
「うたかたの日々」。

小説のタイトルですが
「うたかた」の意味は
泡沫、はかなく消えやすいこと。
美しい言葉だなといつも思います。



今日は鈴木知子ゼミ一期の有志メンバーと
プリントを持ち寄っての
蝋引きワークショップ。
私は生徒として参加!
素敵な仕上がりに大満足でした。
そしてBBQでワイワイと。
お世話になったMさん、感謝です。

楽しい一日は
あっという間にすぎますね。








f0100215_20115426.jpg


今日は暑かったですね。

横浜は最高気温36度の予報でしたが
思ったよりも快適だったのは
「絶対に暑い!」のを前提に
気をつけていたからでしょうか

みなとみらい〜象の鼻パークまで
ピカチュー&ポケモンイベントのようで
ものすごい人だかり。
平日なのに大盛況でした。
社会人も夏休みにはいったんでしょうね。

喧騒を逃れむかった山下公園では
浴衣姿の人がたくさん!
船着場にたくさんの並んでいて
事務所に戻って調べてみたら
「横浜ゆかた DE マリーンルージュ」とか
浴衣付きのクルーズプランもあるようです。

写真を撮る私は
浴衣で出かけることはありませんが
浴衣姿を見ると「いいな〜」と
羨ましくなります。





←menuへ