難を転じる_f0100215_19552215.jpg



郡上八幡でよく見かける南天の赤い実。
店先には杉玉ではなく
南天玉が飾られており
赤い玉がとても可愛いのです。

南天玉は「難を転じる」と言われ縁起物として
新年に玄関などにも飾られるそうです。
また1ヶ月ほどで色が赤から黒に変わるため
「赤字が黒字に転じる」と
商売人にも人気があるとのこと。


この三連休は天気に恵まれましたね。
私は遠征の疲れをとる目的もあり
原稿書きの仕事を進めたり、ライブに行ったり
機種変して放置していた
iPadを動かしたりの三日間。



コロナウィルスのこともあり
連日、心配なニュースが流れていますが
この”難が転じて”、一日も早い終息を願うばかりです。








街の中の迷路_f0100215_19385661.jpg


岐阜駅の近くに繊維問屋街があるのですが
駅からホテルに向かう途中に
問屋街をぶらぶらしました。

広範囲に広がっており
ちょっと大げさではありますが
街の中に広がる迷路のようです。

かつては日本三大繊維産地として
繊維産業が栄えていたそうですが
現在はシャッターがおりたままの店が多いのが
実に残念であります。






窓からの眺め_f0100215_19041326.jpg



今日は2020年2月22日
そして22時22分に
見て!今ぴったりです!と言われたのに
スマホのスクリーンショットを押した瞬間
22時23分になったという
笑えないオチが待っていました(泣)
人生そんなものです。

「にゃんにゃんにゃん」で猫の日
「にんにんにん」で忍者の日でもあるらしい。
「にんにきにきにきにん」は関係ない?
まぁ、ただ言いたいだけですが。

写真はまったく関係ない一枚です。
ホテルの窓から見た岐阜市内。





watchdog_f0100215_20164256.jpg


郡上八幡で出会った番犬。

近頃は外につながれた犬は
見かけることが少なくなりました。

郡上八幡では3匹ほど出会ったんです。

我が家も庭で飼っていて
外で番犬をしていたことを思い出し
とてもほっこりしたんです。

写真を撮ろうと声をかけると
チラとこちらを向いたあとは
目も合わせてくれません。
わんこ、あるあるですね〜(笑)


それにしても白いわんこは
「おとうさん」と呼ばれてしまいます。
それもあるあるですよね〜。








誰もいない駅_f0100215_00341797.jpg



下呂での仕事を終えて
今日は一日、郡上八幡でスナップ。

私が初めて岐阜県に訪れたのは
郡上八幡でした。
久しぶりの再訪となりましたが
前回は大雨の中でのスナップ・・・。

今回は”曇り、午後から晴れ”と
天候が違うだけでも
見える景色が変わることを
あらためて実感しました。








神だのみ_f0100215_23474908.jpg


今日は昨日に引き続き
岐阜県写真館協会フォトコンテストの
入賞者様の表彰式と
作品講評をさせていただきました。

その後、下呂にある
マルス写真スタジオさんの見学。
広いスタジオとさまざまな工夫
とても有意義な時間を
過ごせさせていただきました。

明日まで岐阜に滞在することにして
今日は岐阜市に移動。
今日は朝から知人から連絡があり
セミナーやトークイベントの
開催についてどうしているかという質問があり
「中止になったものもあれば
まだ連絡のないものもあります。」
そんなやりとりをしました。

その後、3月に予定していたトークイベントの
延期の連絡が入りました。
予定の変更は致し方ない状況であります。
今予定されているセミナーも
今後どうするか検討しないとなりません。

岐阜についたら、まず参拝をしようと
金(こがね)神社へ。
仕事守りと御朱印をいただいてきました。
一日も早くコロナウィルスの収束
羅漢された方の快復を祈ります。






雪降る駅_f0100215_23521174.jpg



今日は岐阜県下呂市にきました。
岐阜県写真館協会の総会で
トークセミナーをさせていただきました。

初めての下呂は雪景色。
温泉街は積もるほどではありませんでしたが
まわりの山々は雪をかぶり
とても美しい風景を見せてくれました。

ここ数年は岐阜県とご縁があります。

今回は東京工芸大学(写大)の同期
大垣市で写真館を営む河野くんが
セッティングしてくださいました。
大学を卒業してだいぶ時間は経過しましたが
こうして再会できるのは
とても嬉しいことであります。
(昨年の夏が久しぶりの再会でした)

今回、総会で集合写真を撮っていただきました。
そして総会の後にそのプリントをいただいたのですが
皆さんの表情が実に素晴らしい。
表情がとても柔らかいのです。

どうしても集合写真、記念写真は
緊張してしまうもの。
フォトグラファーは自身が撮られないとダメと
言われたことがありますが
今回いただいた集合写真を見て
その意味がものすごくわかりました。

そして、下呂温泉
日本三名泉、最高です。
肌がツルツルになりましたよ!


本日の一枚は
セミナーの前にぶらりスナップした下呂駅です。









CP+ダイエット?_f0100215_19593388.jpg



先日のアカデミーの授業で
少し痩せたとブログに書いていたこともあり
「えー!先生、痩せましたね!」と。

実は痩せたと言っても
ダイエットをしたわけでもなく
体重計にも載っていなかったりして
きつかった服に少し余裕が・・・程度。


皆さん曰く「CP+ダイエットですね」

一昨年はCP+前に痩せて
登壇の後に皆さんに言われたのです。
確かにこのタイミングで痩せるのです。
ただ昨年は変化がなく・・・(笑)
それも皆さんからツッコミが入りました。

本当は着れなくなった服を
着れるくらいになりたいですが
それはかなりの無理難題。

ますは薄着の季節に向けて
今の状態をキープできるように
気をつけたいと思います。








脱力系寝姿_f0100215_20162635.jpg



少し前に動物園に行ったんですよ。
マレーグマが寝ていたんですよ。
自分の腕を枕にして。

もう、こんな姿を見たら
目が離せなくなりますよ。

本当は今日は雨も降ったし
こんな風にのんびりしたかったけれど
そうもいかずにいそいそと
仕事に励んでおりました。

うらやましいぞ、マレーグマ!







回転木馬_f0100215_02061277.jpg


今日は鈴木知子アカデミー横浜校1期・2期の授業。
そして、そのあと都内へ。
2020年初ライブに行ってきました。

CP+が近づいているタイミングだったので
行かない予定だったのですが
昨日の発表もあり、今日は参戦。
あー、楽しかった。かっこよかった。

そういえば、閉園するというとしまえん。
現存する日本最古の遊技機械があるんです。
機械遺産に認定されている貴重なもの。
(世界的に見ても最古級のメリーゴーランド)

どうなってしまうのでしょうか。心配。






difficult decision_f0100215_21222952.jpg


CP+2020の開催が中止となりました。
新型コロナウィルスの影響です。
大きなイベントなだけに
この開催中止は大英断ですね。

私も今回はいくつかのセミナーを担当していました。

PHOTO WEEKENDのセミナーが4回
アスカネットでMybookのトークイベント
SONYでのスペシャルセミナー

PHOTO WEEKEND「カメラはじめよう」ブースの準備
アスカネットで私の推薦した10名の方のMybook展示

今回は皆様にお見せできず、とても残念ではありますが
いろいろな形で発表できる機会があるかもしれません。
(今の時点では、何も決まっておりません)


まずは、楽しみにしていてくださった皆様に
CP+2020 開催中止をお知らせいたします。

また来年、CP+の舞台に呼んでいただけるよう
魅力的な作品を撮り続けたいと思います。
応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。


今日の一枚は
作品撮りに走り回っていた日の「光と影」。








横浜ポートサイド_f0100215_21193836.jpg



撮影用の小道具などを探すときに
横浜ディスプレイミュージアムという所に行きます。
ミュージアムという名称ですが
実際はショールーム的な場所で
会員になるとそこで購入ができるのです。

横浜ディスプレイミュージアムのすぐ横には
ポートサイド公園という公園があって
平日は人も少なくゆったりとしています。

そこをのんびり歩くのが、とても好きなのです。






自己管理について_f0100215_21050732.jpg


タイトル「自己管理について」って・・・
自分をツッコミたくなります。

昨年末から少し痩せました。
忙しく走り回っていたこともありますが
インフルエンザやコロナウィルス、花粉の予防で
ほぼ一日中マスクをしていることもあり
お昼を食べない日々が続いていたのです。

免疫力が弱まるほど痩せてはいないので
ご心配のないように。
そのあたりは自己管理をしています。

年明けから悩まされていた
目眩もいまは問題なく
風邪もひかずに絶好調であります。

きつくて敬遠してた
コンパクトなサイズ感のダッフルコートも数年ぶりに復活。

Facebookに過去の自分の写真があがってくると
細くてびっくりするんですけど
それから年齢も重ねましたし
健康第一の体型維持を心がけます。







交わる直線_f0100215_20542369.jpg


いつも何気なく歩いている場所も
光と影によって、まったく違う顔を見せる。

気になる光と影を見つけると
時間がないときでもiPhoneでスナップをして
資料にするようにしています。

季節や時間で、見え方が変わりますからね。


そういえばiPhoneが新しくなりました。
さらに眠らせていたiPadも機種変。
ただいま今まで使っていた機種の
バックアップを復元中。

時間がかかりすぎて
いつになったら使えるのやら・・・。
(アプリが多すぎるんだな・・・)







進む進め進もう_f0100215_22304382.jpg


やらないといけないことがたくさんあって
何から進めようかワタワタしています。
慌てて転覆しないように、しっかりと前に進みます。

そんなタイミングで予約をしていた
iPhoneの受け取りが明日。
忙しくて10日ほど
保留にしていたんですけどね。
楽しみだったけれど、タイミングが悪すぎる。

まずは六本木駅構内で展開している
PROJECT TOEIの写真展は観に行きたい。
いつ行けるかな・・・。








赤い実_f0100215_18430162.jpg


神戸 乙仲通りの
ショーウィンドウに飾られた赤い実。
サンキライかな。

赤い実を英語にすると「Red fruit」?
ちょっと違うんだよな
画像には「AKAI MI」と入れてみました。

今日はご依頼をいただいた
写真の審査をしていました。

久しぶりにカメラを持たない一日です。
それでも写真に関われることの幸せ。






空港からの夕焼け空_f0100215_22481945.jpg


神戸での講座を終えて、横浜に戻ってきました。

帰りの飛行機の便はいつも同じ時間ですが
先月は空港に着いた頃は真っ暗。
今回はピンク色の夕焼け空。

陽が長くなったなぁと感じます。

空港まで木下校長に車で送っていただき
まだ時間に余裕があったので
しばしスナップタイムを楽しみました。

旅先ではあまりよく眠れない私は
昨日も1時30分頃に寝て
なぜか3時30分に起きてしまいました。
そのあと眠れなくて、まいりました。

朝方、少しだけうとうとしましたけど。
なんとかならないものですかね。
(睡眠不足でも元気なんですけどね)







65分空の旅_f0100215_23040736.jpg


今日は明日の講座の準備で
神戸にやってきました。

飛行機での65分空の旅。

今回は富士山は見えない窓でしたが
どちらの窓も楽しみはあります。
こちらの窓からは、横浜港がよく見えます。
途中、雪が積もった山々や山間部を眺めながら
あっという間に神戸空港です。

明日は鈴木知子アカデミーと
プリント講座があります。
そして、すぐに横浜に帰ります。
忙しい2月、元気に過ごしておりますよ。







立春寒波_f0100215_20305984.jpg


今年はたしかに暖冬だったのでしょう。
意外と薄着で過ごせていたし
足先が冷たいということも
あまりなかったように思います。
(あたたかい靴下は履いてますけど)

だけど、今日は寒い・・・!

立春が過ぎたとはいえ、一年で一番寒い頃。
何がつらいって、気温の変動ですよね。

まぁ、今日は語呂合わせで「風呂の日」だそうです。
ゆっくりお風呂にはいって温まりましょう。






# by photomo018 | 2020-02-06 20:33 | Trackback


喉の渇き_f0100215_23154168.jpg


今日はBUKATSUDOで19時から講座。
21時過ぎに終わって食事をしました。
三色丼というお刺身が三種のった海鮮丼でしたが
ごはんが酢飯で、かなり酢をきかせていたのです。

酢飯は喉が乾くんですよね。
冷たいお茶をカブカブ飲んでいます。

塩分が影響しているのかと思っていたのですが
塩化ナトリウム(調味料としてのアミノ酸)が
関係しているみたいです。
摂取する量にかかわらず喉が渇くのだそうです。

水分補給もほどほどにしないとです。
夜遅いですしね、夜中に何度も起きてしまいそう。









想定内と想定外_f0100215_22054238.jpg


撮影に出かけるときは
下調べをして色々と想定をします。

それは場所、太陽の位置、天気予報など。
それでも想定外なことも多々あります。
特に天気はそうですね。
晴れマークが出ていても、晴れていなかったり。
ピンポイントで調べていくのですが
自然は思い通りにはいきません。

こんなに鳩がとまっているのも
想定外で、思わずシャッターを押しました(笑)






多摩川で日が暮れて_f0100215_20303755.jpg


日没後の多摩川。
気がつけば、日の入りは17時10分。
少し前は16時台だったのに
少しづつ陽がのびていますね。

久しぶりの多摩川、水辺はいいな。
忙しい最中のリラックスタイムでした。






ブルー・ライト・ヨコハマ_f0100215_23065975.jpg


石川町 gallery fuで開催しておりました
公募展 「MUSIC ーヨコハマノウター」が
本日、閉幕いたしました。

たくさんの方にご来廊いただき
出展者一同、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。



今回は企画協力と自らも作品を一点、出展しました。
選んだ楽曲は「ブルー・ライト・ヨコハマ」。

この曲、私の産まれた年に、リリースされているのです。
それもあって今回、この曲を選びました。

半世紀の時が流れ、街も大きく変化をしました。
今回は、その当時にはなかった”みなとみらい”。
なのでタイトルは
「ブルー・ライト・ヨコハマ2020」でした。
近未来的な現在の横浜です。
(ここからさらに変化をしています。)


大変お世話になりました、gallery fu様
出展いただいた皆様
ご来廊いただいた皆様
ありがとうございました。

この企画、ブラッシュアップして
また来年につなげたいと思っています!






気になる存在_f0100215_22102602.jpg



カメを飼っている私ですが
カメモチーフのいろいろなものが
とても気になります。

こちらのカメ・・・

背中にこどもが乗っていましたが
「とても凛々しくて、カッコいい!」と
思わずシャッターを切りました。

昔、スチュワーデスが出てくる某ドラマで
「ぐずでのろまなカメ」と言うセリフが
ありましたけれど、カメに失礼です。

水槽にいる我が家の”カメ太郎”が私に向かって
クロール(風)しながら、近づいてくるのを見たら
ぐずでものろまでもないと
わかっていただけるかと。


親バカ、カメ太郎バカで、すみません。







そんな中華街 part2_f0100215_19430866.jpg


1月25日から
春節祭で賑わっていると思われる
横浜中華街ですが
ただいまあまり余裕がなく
とても近いエリアで生活をしていますが
中華街の様子がわかりません。

神奈川新聞が運営している
カナロコのニュースでは
”例年より2割ほど少なく感じる”
(店先で点心を売っている男性)
と、書かれていました。

中華街に行かなくとも
仕事で人混みの中を歩いたり
満員電車に乗ることもあります。
うがい、手洗いをしっかりして
コロナウイルスだけでなく
感染症対策を徹底しないとですね。
皆様もお気をつけください。


これは、1月1日の早朝にスナップしたもの。
爆竹の残骸が残っていました。
爆竹は魔を払い幸運を呼び込むため
”幸運の爆音”ってやつですね。








羽田空港のすずちゃん_f0100215_00122999.jpg


羽田空港の展望デッキで出会ったスズメズ。
ちっこくて可愛いですね。

このブログを始めてしばらくの頃
”すずちゃん”と検索をすると
私と並んで、スズメのすずちゃんが
ヒットしていたことを思い出しました(笑)
保護されたスズメのすずちゃん。

そんなこともあり、スズメには親近感を抱いています。
まぁ、スズメとスズキ
一文字違いですからね。





# by photomo018 | 2020-01-30 23:59 | Trackback


光のカタチ_f0100215_22201999.jpg



細いスリット状の光や反射した光
短時間で変わってしまうであろう
光と影を見つけてはスナップしています。


Facebookにも投稿しましたが
街からマスクが消えました。

コロナウイルスの影響ですね。
これからスギ花粉が本番な時期と重なり
最低限は確保しなくてはと焦っています。
(少しストックはあるのですが)

2月はCP+もありますし
オリンピックも控えています。
早く沈静化してほしいですね。






雨に唄えば_f0100215_23145766.jpg


雨の日スナップは
つい水たまりを覗いてしまいます。

ピントの位置を変えてみたり
シャッタースピードを変えてみたり
何枚撮ってもキリがない。

ワンパターンだなって思いながらも
同じものがないから
何回も撮ってしまうのです。






大型客船の存在感_f0100215_19144321.jpg


大さん橋に大型客船が入港すると
離れた場所でもはっきりわかりますが
大さん橋に行って目の前で見ると
その存在感はもの凄いです。

”くじらのおなか”と言われる室内から
”くじらのせなか”に向かうスロープも
客船がある時とない時は、見え方が違う。
当たり前なんですけど
その存在感を実感する瞬間でもあります。

大型客船が入港している時は
すでに”くじらのおなか”からの眺望も
船によって塞がれているんですけどね。






ラムネの語源、ラムネの定義_f0100215_19330894.jpg



「レモネードが訛ってラムネ」

1853年にペリー総督が浦賀へ来航した際
渡来した説が有力だそうです。



お酒はおつきあいでは飲みますが
お酒が大好きというわけでなく
お酒を飲むより炭酸飲料が好きです。
一番はコカコーラですがラムネも大好き。
なんといっても、この玉詰びんがよいですね。

ラムネとサイダーの定義は
昔はラムネは”レモン風味”、サイダーは”リンゴ風味”。
今はラムネは”ビー玉びん入りの炭酸飲料”
そうでないのだサイダーだそうです。


あー、ラムネが飲みたくなってきた。




←menuへ