ラムネの語源、ラムネの定義_f0100215_19330894.jpg



「レモネードが訛ってラムネ」

1853年にペリー総督が浦賀へ来航した際
渡来した説が有力だそうです。



お酒はおつきあいでは飲みますが
お酒が大好きというわけでなく
お酒を飲むより炭酸飲料が好きです。
一番はコカコーラですがラムネも大好き。
なんといっても、この玉詰びんがよいですね。

ラムネとサイダーの定義は
昔はラムネは”レモン風味”、サイダーは”リンゴ風味”。
今はラムネは”ビー玉びん入りの炭酸飲料”
そうでないのだサイダーだそうです。


あー、ラムネが飲みたくなってきた。






春節はじまる_f0100215_20590158.jpg


横浜中華街では今日から
中国の旧暦正月「春節」を祝う
春節祭がスタートしました。

私、地元なのですが
仕事で終日都内に行っており
春節祭には行けておりません。

今日の一枚は、元日の朝の中華街。

1月1日も日本では新年ということで
中華街でも爆竹を鳴らしたり
中国獅子舞や龍舞などもありお祝いムード。
さすがにこの時は
夜の残りの爆竹を鳴らす以外は
静かでしたけど。

地元だと大通りを歩くより
裏通りを歩くことが多いです。
この関帝廟通りは混んでいるんですけど
よく利用する道だったりします。






記憶がない?_f0100215_22460218.jpg


写真を撮るといろいろな記憶も
一緒に記録されていることが多いのですが
この象のフィギュアは記憶がありません。

どのような店だったのか?
これだけのインパクトがあっても
覚えていない不思議・・・。

前後の写真を見ると
大阪、心斎橋のあたり。

近くにあったタピオカ屋は
記憶にあるのに・・・。






これから_f0100215_23103630.jpg


歩いていて気になるのは
モノよりも光だったりします。

それと「気配」。
まだ人気のない店とか、窓とか。

なのでこういうシーンは
シャッターを押したくなります。
そういう被写体って、ありますよね。



●●●●● 告 知 ●●●●●

ただいま発売中の
デジタルカメラマガジン2020年2月号
レタッチプリセット2nd

私のプリセットもあります。
ダウンロードしてご活用ください!

CAPA 2020年2月号
ソニーα7Ⅲ × 鈴木知子
高精度なAF&機動力!
α7Ⅲで冬を軽快スナップ

掲載いただいています。


明日からスタート!
公募展 「ヨコハマノウタ 」

私も出展しております。
ぜひお越しくださいませ。




ゆうやけこやけ_f0100215_20131077.jpg


天気予報は朝からずっと曇りだったのに
気がつくと晴れ?!

明日から天気が崩れるそうなので
カメラを持って急遽外出。
一度事務所に戻ったのですが
空が焼けそうなので久しぶりに
アメリカ山公園で空を眺めました。

画面下側に見える丸ボケは
元町ショッピングストリートのあかりです。

ふと・・・「ゆうやけこやけ」のこやけって
どういう意味かしら?と疑問を持ちました。
あまり焼けずに暗くなる、あれ?とか。

事務所に戻り調べてみたら
同じく疑問に思っている方は多いようで。

「こやけ」は「ゆうやけ」と語調をそろえる語で
「こやけ」自体に意味はないそうです。

あらためて歌詞を見ると
情緒のある素晴らしい歌ですね。



ことりがゆめを みるころは
そらにはきらきら きんのほし







アオイヒカリ_f0100215_22380456.jpg



昨年、講座の作例に撮影した
露光間ズームの一枚。
みなとみらいのドックヤードガーデンの
イルミネーションです。

青い光を見ていたら
「ブルー」という曲が流れてきました。
実際にではなく、私の頭の中に。
渡辺真知子さんの楽曲ですね。
1978年リリースだそうですよ。

あなたと私いつも
背中合わせのブルー

切ない歌詞ですが好きです。
”背中合わせのブルー”
この言い回しがとてもクール。







思い出の帽子_f0100215_22240900.jpg


浅草にある帽子屋さん。
かなり派手めな中折れ帽が並んでいました。

そういえば・・・
鈴木知子ゼミ4期修了展を祝う会で
リーダーのOさんに紫のハットを
被っていただいたのです。
ここに写っているキラキラなやつ。

パーティーが終わり
しばらく私が持っていたのですが
もう使うことはないだろうと処分してしまったのですが
物が捨てられない私は捨ててしまったことに
しばらくモヤモヤしたのです。
パーティー用の帽子なので
500円くらいのものでしたけど・・・。

このお店の前を通った時に
そんなことを思い出していました。


そのパーティーで司会の方はイルカ
私は鯉の帽子を被ったのですが
それは捨てずに自宅のどこかに埋もれています(笑)







SUNNY DAY_f0100215_00421950.jpg


昨日の雨があがり今日の朝は快晴!
午前中に駆け回り
午後は24日からスタートする
グループ展の設営。
そのあとに都内へ移動し新年会。

めまぐるしいほどの1日でした。

やぱり天気のよい日は気分があがりますね。

山下公園の木々の向こうに見える海・・・
大好きな風景だったりします。







ハードロックと雨の夜_f0100215_00043196.jpg


今日は朝から夜まで鈴木知子ゼミの授業。
ロングランでしゃべり倒しました。

朝から雨でお昼を買いに行くときは雪
夜にはまた雨と
よく降る1日でありました。

夜、食事をしてから荷物を学校に取りに行くとき
しばし雨の夜のスナップタイム。
ハードロックカフェ横浜のネオンと雨の波紋を
しばし楽しみました。








夕_f0100215_21255382.jpg



facebookでTOWER RECORDSの
「No Music,No Life」というページを
フォローしているのですが
阪神淡路大震災の追悼のために生まれた
ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬さんと
ヒートウェイヴの山口洋さんが共作した楽曲
「満月の夕」に触れた記事が流れてきました。
この曲は今でも歌われている鎮魂歌ですね。

阪神淡路大震災から25年。

震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
被災された皆さまのお心が穏やかでありますように。



本日の一枚は
昨年北野で撮影した「夕(ゆうべ)」です。






魅惑の近代建築_f0100215_00413562.jpg


神戸で何度となく撮影している
レトロビル。

阪神エリアのモダニズム建築は
まだまだ回りたい所がたくさんあります。
ただモダニズム建築の定義が
まだきちんと理解できていません。
本を買ってはいるものの積ん読です。

今日は私のゼミOG 紫竹理枝子さんの個展
「enji」のトークショーにゲストで伺いました。
やはり愛のある写真は魅力的ですね。

1月19日まで
外苑前Nine Galleryで開催中です。
詳細はこちら






商売繁盛_f0100215_22522050.jpg


少し過去に戻り
昨年参拝した玉光稲荷社のお稲荷様。
京都 八坂神社の境内にあります。

隣にある命婦稲荷社と二社で
一体とされているそうです。

私は参拝すると”御朱印”をいただいていますが
八坂神社では16種類もの御朱印があるそうです。
(私はふたついただきました)

商売繁盛の神である玉光稲荷社の御朱印を
いただいていないのが心残り。








小さな発見_f0100215_21130999.jpg


新しい場所からは
新しい景色が見える。

そんな場所で小さな発見。


ほそーい金属に映る
リフレクション(笑)

ほんと好きですね、こういうの。






炎の力_f0100215_17560756.jpg


昨日は大磯の左義長に行ってきました。

左義長はお飾りや縁起物を
浜辺に運び、日が暮れると
9つの大きな円錐型のサイトの
恵方の方向から火が入れられます。

この火で団子を焼いて食べると
風邪をひかないとのことで
ご一緒した撮影会メンバーと
左義長セット(団子、針金、竹)を手に入れ
無病息災を願って
最前列に行って火にかざしてきました。

このような祭りを見るのは初めてでしたが
火の力のすごさを体験しました。
とにかく激しく、とにかく熱い。
火を前にした時の感覚は
ひと言で表せるものではなく
この感覚を何と表現したらよいのかわからない。
自分の感情を表現する語彙が見つからない。

いま言えることは「すごい」の一言。
言葉を変えると「こわい」でしょうか。
あの力を目の当たりにすると
多くの人はそう感じるのではないでしょうか。







落花_f0100215_23483995.jpg


今日はBUKATSUDO連続講評講座の
有志撮影会で大磯に行ってきました。

左義長というセエノカミサン(道祖神)の火祭り
ドンドヤキとも言います。
その様子は明日以降のブログにアップします。
今日は戻ってから仕事をしていて
チェックが間に合いませんでした。

お祭りの前に「澤田美喜記念館」に行ったのですが
記念館へのぼる途中で撮った椿の花。
季節の移ろいを感じます。







45分の朝活_f0100215_23582421.jpg


今日は神戸でアカデミーと現像レタッチ講座。
ふたつの授業を終えて横浜に戻りました。
授業を押してしまい、バタバタでしたが
余裕で間に合いました。よかった。

神戸では宿泊のホテルから学校まで
スナップをしながら歩いていきます。
だいたい目安は45分。

カメラ片手に歩いていると
15分程度の道のりも3倍かかるという。
いつも同じ道を使っても
同じことがないから面白い。
仕事の前の一人の時間。貴重な45分です。







空の上_f0100215_23252047.jpg


明日の講座のため、飛行機で神戸に来ました。

昨年から月一回、神戸に来ているのですが
飛行機での移動が多いので
窓際の席の時は、窓の外をずっと眺めています。

今日は雲が多かったものの
富士山はしっかりと見えました。
空の上から見る富士山の

「圧倒的存在感」

本当に美しい山ですね。


明日の夜には横浜に戻ります。
まずは神戸での授業、頑張ります!


写真は昨年のぼった”あべのハルカス”。







特別じゃない空_f0100215_20465800.jpg



ドラマチックな夕焼け空ではなく
少し色づいて暗くなっていく
「特別じゃない空もいいね」って。

そんな話しをしました。

横浜ハンマーヘッドがオープンして
初めて撮ったハンマーヘッドクレーン。
1914年から新港ふ頭にあるので
もう100年以上の歴史があります。

今朝、自分の年齢を考えて
なんだかすごいな〜、なんて思っていたんですよ。
半世紀も生きてるのかと。
その年月を考えると100年は長いですね。
たくさんの歴史が刻まれています。







大提灯_f0100215_22550946.jpg


参拝客で激混みの浅草寺。

ホッピー通りの方から行ったので
参拝の列を逆行する形となり
本堂を横目に仲見世へ。

せめて浅草寺らしい写真をと
大提灯をスナップしました。
雷門が有名ですが、こちらは宝蔵門。
写っていませんが、すごい人なんです。

夜の大提灯は
ライトアップされていてとても美しい。
この赤がなんともいえません。







お正月飾り_f0100215_21524892.jpg


葉山で見かけたお正月飾りは
シンプルな稲穂のスワッグ。

ナチュラルでとても素敵ですよね。

「新しい年も実りの多い年になりますように」
「一家を支えてくれますように」
そのような意味が込められているそうです。







一喜一憂_f0100215_19462580.jpg


おみくじの結果によっては
気分があがったり、さがったりと
一喜一憂しますよね。

今年は末吉でスタートするも
大吉もひけたのでよしとします。


今日は新年早々、めまいに襲われたので
かかりつけの先生のところへ。

耳石の移動からおこる
「良生発作性頭位めまい症」というもので
心配はいらないものの
週末は神戸に行くのに飛行機を使うので
薬を処方してもらいました。
薬があるだけでも気が楽に。

「無理をしない!」と
自分に言い聞かせながらのスタートです。
(昨日は28000歩歩いてますけど・・・!)






New Year\'s Greetings_f0100215_00030019.jpg


恒例となっているMOTOMACHI×PORT
新春七福神めぐり。
今年は「湘南七福神」でした。

集合は京浜急行逗子線の”神武寺駅”だったのですが
初めて下車しました。

この駅、利用は許可を受けた方のみ限定ですが
アメリカ軍池子住宅敷地内に改札口があるんですよ。
そのことも初めて知りました。
同じ県内に住んでいても
まだまだ知らないことは多いです。


今日は集合より15分ほど早く着き
駅前をスナップしていました。
新年早々、水たまりに映るポストを(笑)

毎年たくさんの年賀状を出していましたが
ここ2年、お休みをしています。
いただいている年賀状のお返事もできていません。

なかなかお会いできない方もいますので
来年は復活しなくてはと思っています。

新年早々の反省、その1です。







そんな中華街_f0100215_19001465.jpg


2020年、最初の食事は
横浜中華街で朝粥でした。

今月24日からスタートする
私が企画をしているグループ展
「ヨコハマノウタ」。

元日の早朝、その展示のことで
「中華街大作戦」の話しに。

「中華街大作戦」は
クレイジーケンバンドの曲で
私はこの曲で撮影、展示をしたこともあります。
(グループ展 「よこはま、なう。」)

中華街中華街中華街中華街

歌詞はずっと中華街が続き
最後に「そんな中華街」で終わる曲。
難しいけれど、いかようにも解釈できる。
この曲に挑戦する方はいるのかな。

本日の一枚は「関帝廟」です。
横浜中華街にある関帝を祀る廟。
ご利益は”商売繁盛”と言われています。

今年も忙しい毎日を過ごせますように

そんな願いをこめて
仕事始めの日のエントリーに選んでみました。
今年も一年、頑張ります。







三が日の喧騒_f0100215_23074185.jpg


今日は浅草界隈の神社・お寺で
参拝をしてきました。

三が日に浅草は久しぶり。
調べてみたら4年前でした。

今日の一枚は浅草寺の境内。

浅草寺は暗くなってから参拝に行くも
ものすごい人で断念しました。
四年前の日中もすごかったですが
暗くなってもすごいですね。

今回は初めてお参りした神社・お寺ばかりで
とても興味深かったです。

すでにたくさん参拝している私ですが
明後日はシェアオフィスメンバーで
毎年恒例七福神めぐりです。






Every day is a new day._f0100215_20563585.jpg


昨日、撮影した初日の出。
6時50分の日の出も厚い雲に阻まれ
待ちに待った初日の出でした。

一年の始まりということで
毎年見ている元日の日の出ではありますが
気持ちはタイトルの通り。

Every day is a new day.
とにかく、新しい毎日なんだ。

こんな気持ちで日々を過ごしたいものです。






Wishing you a joyous New Year!_f0100215_15001485.jpg




Happy New Year!

あらたな年がはじまりました。

写っているネズミは”起き上がり小法師”。
「七転八起」の精神で
今年もやってやりましょう。

2020年もよろしくお願いいたします。



2020.01.01
Tomoko Suzuki






spur of ambition_f0100215_13121517.jpg



2019年、ラストの投稿です。

2019年もいろいろありました。
ソニー大阪で個展「光と影」
横浜市道路局、尾道市のフォトコンテストの審査員
横浜・神戸・岡山などでの講座
たくさんの方と出会うことができました。

2019年で一番嬉しかったことは?と聞かれ
「カメラはじめます!」が20万部突破したこと
そんな風に答えました。

もちろん、この数字はものスゴイ快挙で
関わらせていただいた私は実感がないまま
今に至っているのです。

今年は少しだけ自分の時間が欲しくて
たくさんの本を読んだり
久しぶりにライブに通ったりと頑張ってみました。
”忙しい”を理由にしていた自分を
もっと忙しくしたわけです。
答えは来年以降に出てくるのだと思います。

ラストの投稿は「spur of ambition」

来年も光と影を見つめて、カメラとともに。
”野望の刺激”ってどこまで強気?なタイトルですが
夢追い人は来年も夢を追います。



今年も一年、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。


2019.12.31
Tomoko Suzuki






Photographs Can Lie_f0100215_21400025.jpg



今日は事務所の大掃除。
夜になって一人になったので
音楽をかけようと思い
Apple MusicのFor youを見たら
一曲目がコステロの
「Photographs Can Lie」でした。

さらにNicoの「チェルシー・ガールズ」もあって
この曲が入っているアルバムジャケットは
アンディ・ウォーホールのバナナ。

最近、やけに
アンディ・ウォーホールのバナナを
見るのですよ。

21日にライブに行ったとき
DJのGO!さんが持ってきていた
The Velvet Underground & Nico
「Sunday Morning」のシングル盤。

この写真を撮った店の店内にも
The Velvet Undergroundのバナナの
アルバムが飾られていました。

このアルバムは大好きで
よく聴いていたんですよ。
今年、ブログでもこのジャケットについて
触れているんです。

続くときは続くんですね。
ほんと、不思議。


本日のタイトル
「Photographs Can Lie」という言葉は
私がいつも思っていること。

写真は真実を写し、嘘もつく。







identity_f0100215_21083801.jpg



「identity」というタイトルをつけました。

光の正体という言葉から
”正体”=identity

正体が画面に写っていることの”同一性”。
光を入れることでの”独自性”。


一枚の写真に複雑なイメージを埋め込みすぎて
伝わらなくなるってやつ。







変化をすること_f0100215_00460149.jpg


遅ればせながら横浜のニュースポット
「横浜ハンマーヘッド」に行ってきました。

カップヌードルミュージアムパークが
ただいま工事中なのですね。
ちょっと行かない間に浦島太郎状態。

あらたなスポットで
あらたな写真が撮れるのかなと
楽しみでもあります。

街が変わるように、自分も変わる

年の瀬に感じた想い。そうでありたいな。









←menuへ