<   2006年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ちょうど1週間前、CXのめざましTVで「屋久島の特集をやる」と聞いて、
楽しみにしていたのですが、見忘れました
Def Techが、現地で歌を歌ったとか。
見なくて良かったような、見たかったような・・・。

GW、今年は5連休(予定)!
行きたかったな。屋久島。
めざせ!夏休みです・・・・・。


本日は、「すずカメ」でも負けずに屋久島特集(?)しちゃうもんね♪



屋久島と聞いて、まず連想するのは何ですか?
「縄文杉」
という人がほとんどかも知れません。
私もそうでした。



屋久島が世界遺産に登録された理由は、

①亜熱帯〜亜寒帯まで幅広い植生の垂直分布が見られること。

   亜熱帯に見られるマングローブから、北海道より少し北の植物までが、
   垂直に分布しています。

②2000m近い高山がそびえ、多雨に恵まれていることから、
きわめて特殊な植生が見られ、多くの固有種や北限・南限植物があること。

   九州最高峰・宮之浦岳を有し、洋上のアルプスと言われています。

樹齢数千年におよぶ屋久杉の天然林が、生態的・形態的に
貴重なものと考えられること。

   樹齢1000年以上の杉を屋久杉と呼びます。

などなど。


縄文杉は確かに、凄いです。
見に行く行程も、往復11時間30分。
決して楽な道程ではありません。
先月も、縄文杉登山の途中
男性が滑落して亡くなられたニュースを読みました。
縄文杉はデッキの上から見るのですが、
このデッキ、縄文杉の保護のためだそう。
人工的なデッキは、ちょっと悲しいものがあります。

この縄文杉が屋久島の全てではありません。
たくさんの魅力に溢れる島なんです。



f0100215_10234418.jpg
私のおすすめ「白谷雲水峡」。
映画もののけ姫
舞台となった森です。
森の奥に行くと、折り重なるコケの森。
すべてが緑の空間です。 

とにかく雨の多い屋久島ですが、
たくさんの清流が流れていて、
どこでもお水が飲めます。



巨木で有名な屋久島ですが、実はその巨木を育んだ森こそが、
屋久島の魅力であるといえます。



f0100215_103726.jpg
屋久島で出会える野生動物は、
基本的に2種類。
ヤクシカヤクザル
どんなに可愛かろうと、野生動物には注意をしないといけません。
いろんな場所で、ヤクシカとヤクザルに出会えます。



とにかく水がキレイな屋久島。
これからの季節はシャワートレッキング(沢登り)がおすすめです!
自分が歩いている沢の水をガブガブ飲めるんですよ。
お昼はもちろん、その沢の水でお湯を沸かして紅茶などいただいたりして。
街中で育った私には、感動する出来事でした。


さて、お水のおいしい屋久島ですが、
もちろんお酒もおいしいです。
有名なのが、三岳
芋焼酎です。
実は、私・・・焼酎が苦手なんですよ。
でも屋久島の水で割るとおいしいと民宿のおじさんに飲まされたところ、
とてもおいしくいただけました。
わざわざ、屋久島からお水を取り寄せてまで、飲みました(笑)。

インターネットで手に入りますので、皆様も是非お試しを♪

三岳酒造
屋久島焼酎の代表、三岳

屋久島縄文水
硬度10の超軟水。そのままでも、もちろんおいしい♪


おすすめは、まだまだたくさんあります。
写真の整理をしたら、またご紹介します。
いや、させてください♪




f0100215_10564683.jpg
同僚のKIYOちゃんが、ブログをはじめました。
「KIYOは海が大好き」
ダイバーの彼女は、海女。私、すずちゃんは山女


魚の種類が豊富な「屋久島の海」も紹介してもらえると思います♪
これからも、山女ともども海女もよろしくお願いします!


 ↑人気ブログランキング ぽちっとお願いします♪
29日に投稿しました
Rolleiflex Mini Digi
が届きました!

なんとも小さいお姿
とても愛らしい、手のひらサイズです。

f0100215_10273961.jpg

ピント調節~ホワイトバランス、全てオート
焦点距離は0.7m~∞。
画素数は、こちらも可愛く310万画素
ストロボなし。

撮るトコ、かなり限定されます。





f0100215_10311116.jpg


巻き上げレバーは手動
この巻き上げが、たまらなくイイ!

決して飾りじゃありません。
ここを巻き上げないと、次のシャッターは押せません。






f0100215_10355897.jpg


ファインダーは上から覗きます。

通常のカメラは、
アイレベルファインダー
目の位置で確認するタイプ。

このようなタイプは、
腰の位置にカメラを据えて覗くので、
ウエストレベルファインダーと言います。







f0100215_10383247.jpg

背面・側面なども凝っています。
機能は、ほとんどないんですけど(笑)。
このあたりのこだわりが、カメラ好きにはたまらないはず♪









さて仕上がりはというと、
ファインダーが見づらく、構図がとりにくい
しかも仕上がりが想像しにくいんです。
ある意味、ぶっつけ本番。
銀塩(フィルム)タイプのカメラのような・・・・。
そこもかわいい

f0100215_10421150.jpgf0100215_1042502.jpgf0100215_1044046.jpg










ちょとフィルターをかけたような、グリーンとシアンに偏った色調。
雰囲気あります。
実はこのカメラ、コンパクトデジタルカメラには珍しい正方形のフォーマット
新鮮じゃありませんか?
中版カメラの6×6というサイズを模しています。

というわけで、GWはこいつを連れて遊んできます。


ある意味難しいこのカメラ。

構図次第で写真の良し悪しが決まります・・・・。
まさに「腕の見せどころ」(笑)。
頑張って使いこなします。

f0100215_1049281.jpg

季節を感じる、鯉のぼり
季節の花々
被写体は、たくさんあります。
新緑が一番美しいこの季節
皆様もバシバシ撮ってくださいね!
この気軽さがデジカメの最大の魅力ですからね♪
←menuへ