<   2020年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧



みなとみらい駅_f0100215_22025025.jpg


人のいない駅のホーム。

3月13日(金)19時30分の写真です。
みなとみらい線みなとみらい駅の下りは
ホームの奥側は電車が停車しないので
こんな感じのことが多いです。

インスタント食品で
AFURI監修のラーメンと
ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ
なるものを見つけて買ってきました。

みなとみらいにお店があって
BUKATSUDOでの夜講座の後に
何度か食べに行っていたので
思わず手が出ました。
どちらも美味しかったです。

月に何度も行っていたみなとみらいも
BUKATSUDOも休業しているし
4月8日に荷物を取りに行ったきり。

近くて遠いみなとみらいかな。






「昭和」という時代_f0100215_21425061.jpg


今日は「昭和の日」ということで
昭和をテーマにアップされている方も
多いかもしれませんね。

22日に講評を行った
BUKATSUDO連続講評講座・水曜夜の
最後の授業のテーマが「昭和」だったんですよ。

私は昭和生まれなので、当たり前のように
昭和という時代を生きてきたわけですが
昭和のイメージというと
30年代とか私の生まれる前の時代の方が
イメージに近いのかもしれません。

個人的には就職をしたのが平成元年。
なので生まれてから学生時代までは昭和。

最初にはいった会社は
STUDIO Vという広告撮影プロダクション。
入社した当初はとにかく忙しい毎日でした。

昭和と平成では自身のライフスタイルが
大きく変わったという印象です。






去年のいまごろは_f0100215_22365645.jpg


去年の今ごろは何をしていたか
画像を見たら渋谷・恵比寿・代官山を
ふらふらしていたみたいです。

この日は暑かったのかな。
かき氷を食べたような気がします。
代官山のボンベイバザーの写真があったので。

今年の4月は涼しいですよね。
はやく暑くなって欲しいと願う
夏好きな私・・・。









象の背_f0100215_21573736.jpg



自宅に籠っていると一日中音楽をかけて
合間にMVを見たりして
音楽漬けの日々を送っています。

少し前にiTunesをシャッフルしたら
最初に流れてきたのが
あぶらだこの「象の背」という曲。
象の写真があったから
そのタイミングでアップすればよかった。


若い時に聴いた曲

歌詞も曲も歌声も演奏も
その時に感じた”すごさ”が
今聴くとさらに”すごい”という。

10〜20代前半に好きだったバンドや曲って
自分にとって特別な気がします。






街には「いま」がある_f0100215_22171466.jpg


テレビはほとんど見ないし
雑誌も気になる特集があれば買う感じ
ほとんどの情報はインターネット。

あとは街を歩いて知る

仕事で都内に出かける時は
急いで戻る必要がなければ
寄り道をして情報収集するようにしている。

「いま」というのは街にいくと見えてくる。

書店にいけば売れているであろう本がわかるし
新しくできた店やスイーツ
ファッションもトレンドが見えてくる。
流行りの色だったりディティールや素材だったり。

街を歩けない
これが一番のストレスかもしれない。
写真は家の中でも撮れるしね。







stay home save lives_f0100215_23450567.jpg


今日は午前中にリモートでの授業
そして夜からは
すずゼミ1期OBのサークル
BWLの”第一回おうちBWL”。

家にいながら人会って話ができるのは
とても嬉しいことですね。


外出自粛中は、写真を撮りにいけないのは
とても悲しい気持ちですが
おしゃれをして出かけられないのも悲しい。

靴好きの私はおろしていない靴があり
はやく新しい靴を履いて
出かけたいな〜なんて思っています。

おろす前にイメージフォトでも
撮っておきますかねぇ。











上を向いて_f0100215_23390140.jpg


つらく悲しいニュースが流れてきて
なかなか明るい気持ちにはなれないけれど
立ち止まって空を眺める余裕がないと
心が疲弊してしまう。

一日家に籠っていても
クライアントから連絡をいただいたり
夜は波止場の写真学校の
オンラインサロンがあったり
どなたかと繋がっていられるのが嬉しい。

そういう意味では良い時代と
言えるのかもしれない。





ちょっと一息_f0100215_22375949.jpg


今日はストックからスイーツの写真を。

外出をできるだけ避け、事務所にも行かず
自宅で仕事する日々が続きます。

困るのが運動不足と”ちょっと一息”。

家にいると何かしらの食べ物があり
悪魔の誘惑があります。
ついつい食べてしまわぬよう自分と闘う毎日。


それでも岐阜の菓子工房さっちんの
開店1周年の記念ボックスと
誕生日に贈っていただいたお菓子があるので
これだけは特別!と自分を甘やかしています。






遠く遠く離れていても_f0100215_22164536.jpg


今日はBUKATSUDOの連続講評講座を
オンラインで開催したのですが
そのあとはBKDカメラ部の皆さんに
誕生日を祝っていただきました。

本当にありがとうございました!

みなとみらいにあるBUKATSUDOですが
東海・関西から通ってくださった方もいて
神奈川・東京・埼玉・千葉
岐阜・愛知・大阪・兵庫・長崎
遠く離れている皆さんの
お顔が見れて声が聞けて
とっても嬉しかったです。

飛行機に乗ってしまえば
神戸だって、あっという間ですが
このご時世、距離が近くても
会うことが叶わないわけで。

遠く遠く離れていても
離れていなくても
繋がれていることに感謝です。

皆さん、元気にお過ごしくださいね。
再会を楽しみにしています。





流るる水は腐らず_f0100215_22444252.jpg



水に関することわざ・格言・四字熟語って
たくさんあるんですよね。

松下幸之助の経営哲学
「水道哲学」もあります。

今日のタイトルにした
「流るる水は腐らず」
つねに流れている水は腐らないように
つねに活動しているものは
停滞したり落ち込んだりしないこと。

外出はしなくとも
できることはたくさんあります。
つねに活動することが大切です。

自戒の念をこめて。




←menuへ