プロフィールの写真を替えてみました。
現在発売中のデジタルカメラマガジンの取材時に、
カメラマンの佐々木啓太さんに撮っていただいた写真をお願いして、
データーをいただきました。
しばらくはこの顔でおつきあいください!
夕焼け空_f0100215_2353393.jpg

今日は自宅に帰りましたら、すでに雑誌が置いてありました。
母が買って来たようです。
第一声、「先生おかえりなさい!」

ありえない・・・(笑)。

皆様からのコメントで、すでに読んでくださった方も多いようで、
どうもありがとうございます。
印刷の関係で、画像がかなり暗く上がっていますが、
皆様のスナップの参考になればと思っております。

本日は真っ赤な夕焼けの写真など。
こちらの写真も「かなり暗くない?!」という写真ではありますが、
ごちゃごちゃしたのが苦手なので、街はあえてのシルエットに。
私にとって適正露出は、自分露出。
自分の表現は自分が決めるものです。
スナップはそういうスタンスで楽しんでいただきたい!
梅の花が咲きました_f0100215_029683.jpg

我が家の庭に咲く梅の花が見頃となりました。
朝起きると逆光になっていて、とても美しい・・・。
今朝などはウグイスが2羽、遊びに来ていまして、
TVのニュースも見ずに、そちらに釘付け(笑)。

カメラを持ち出したら、ウグイスが去ってしまうと思い、
ぐっと気持ちをこらえて眺めてみました。
まだ寒い日が続いていますが、ちょっとあったかい気持ちになりました。

先日ブログでもお知らせをいたしましたが、
デジタルカメラマガジン 3月号が発売されました。
「プロに学ぶ!デジタル撮影塾」というページにて、
スナップ術を紹介させていただきました。
興味がある方は、是非!

また、「ふぉとログ」にて、いち早くご紹介いただきました。
あわせてお知らせいたします。


■追記■
我が家に来た鳥はウグイスではなく、メジロだったようです。
私の鳥の師匠「きたきつねさん」、ありがとうございます!
# by photomo018 | 2008-02-19 23:59 | news! | Trackback
出会い_f0100215_0111246.jpg

先日、中華街に出かけた時、
女の子の二人組に、
「すみません、1枚撮ってもらえますか?」
と、声をかけられました。
私、よくこうやって声をかけられるのです。
カメラを持っているからでしょうか?

笑顔の二人と、場所がわかるように背景を決めて、
シャッターをきり、カメラを返したんです。

デジタルカメラだから、すぐにどんな写真が撮れたか見れるので、
すぐに二人は写真をチェック。
「わ〜!綺麗!!」「凄い!!」と、
もの凄く喜んでくださって、ちょっぴり気恥ずかしい気持ちになりました。

名前を聞くでもなく、本当に一期一会の出会いです。
それでもⅠ回のシャッターを通じて、人に喜んでもらえる事に、
とっても嬉しくなってしまいました。

近頃、色々な出来事の中で「初心にかえる」事が多いのです。
人に喜んでもらえる、そんな写真が撮りたいと、
強く願ってしまう私です。

そしてこれからも、
気軽に声をかけてもらえるような、そんな人でありたい!


追記
この時、burg兄さんと一緒だったんですが、
こんな写真を撮っていました。
あわせて見て楽しんでください!
burgおそるべし・・・!!
The sky_f0100215_23364154.jpg

今日はモデル4名と一緒に作品撮りに出かけました。

お天気を気にしていたものの、
朝からとても良い天気。
でもね、私ってば曇り女なのですよ・・・(笑)。
途中から雲が増えてきましてね、
結局晴れたり曇ったりのバリエーション。

曇ったなら曇ったで、それを活かして撮るしかない!

そう考えたら、曇りの日も悪くないと思えるはず。


今日もいっぱい撮ったので、またエントリーしたいと思います。
本日登場のモデルはheads MODELS 熊谷達哉さん。
以前のエントリーで実に素敵な笑顔を見せてくれたナイスガイです!


皆様へのご訪問が遅れております。
気長に待っていてください・・・!!
春節 YOKOHAMA CHINATOWN 2008_f0100215_2221377.jpg

今年の春節は、2月7日。
残念ながら平日でスナップに行く事ができなかったのですが、
今月は土日と様々なイベントが行われています。

公園内の特設ステージでのイベント、
人の多さは想像していたものの、ポジション次第では撮れるかな?
などという甘い考えをしていたのです。
とんでもないです(笑)。
もう参戦する気持ちが失せるほどの人・人・人!!

仕方が無いので内容変更。
見つけた場所は、スタンバイ中の光景が撮れる場所。
迫力のある写真こそは撮れなかったのですが、
なかなか撮れない場所からのショットに、
「私らしい」と感じてもらえるならば、
塀から体を乗り出して撮った努力が報われると言うものです!
ただ・・・、昨年誓った獅子舞のリベンジは、もう少し先になりそうです。

昨日のスナップといい、俯瞰撮影が続いてしまいました。
真上からのショット、いつもと視点を変えるとおもしろいものですよ!
←menuへ