昨日に引き続き、絞りのお話。

シャッタースピードが動きの表現をコントロールするのに対して、
絞りは、ピントの奥行き方向の深さの範囲がかわり、空間的な雰囲気をコントロールすることが出来ます。


数字に小さい値ほどピントの合う範囲が狭く、
数字の大きい値ほどピントの合う範囲は深い。



したがって、絞り値の選択で、手前やバックをぼかしたり、
逆にすべてのピントをシャープに撮影することも自由にコントロールできます。



~比べてみてください~
写真のいろは 被写界深度_f0100215_22593316.jpg

写真のいろは 被写界深度_f0100215_22365572.jpg
写真のいろは 被写界深度_f0100215_22371672.jpg
写真のいろは 被写界深度_f0100215_22373379.jpg
写真のいろは 被写界深度_f0100215_22374881.jpg


1番手前の人形に、ピントを合わせています。
絞りを絞るほど、後ろの方までピントが合ってきているのが、
わかりますよね。


そしてもうひとつ、
写真のいろは 被写界深度_f0100215_22405928.jpg


手前から2番目の人形にピントを合わせています。
ピントの深さは、手前よりも奥の方へ深くなる性質があります。



背景や手前がボケてて、被写体にピントがあっている写真。
雰囲気があって、いいですよね。
これは絞りでコントロールしているということ、覚えておいてくださいね。

たとえば、バックがごちゃごちゃしている背景の場合、
絞りでボカすという方法がとれる。
また、風景写真などで全体をシャープにとらえることも可能です。



そしてタイトルになりました、被写界深度(ひしゃかいしんど)

なんじゃ、そりゃ~って響き。

ピントを合わせたときに、ピントが合っている範囲がどれだけあるかという幅のこと。
絞りを開ければ、被写界深度は浅いというふうに言います。



この記事を機に、一眼レフカメラに興味を持っていただけたら、嬉しく思います。


写真の奥の深いディープな世界に、あなたもいらしてみませんか?




↑ 人気ブログランキングへ
写真って、なんて難しいんでしょう。
写真って、なんて楽しいんでしょう。
本日もクリック、どうぞよろしくお願いします。


写真のいろは 「絞り」。


最近は写真上級者の方も、遊びに来てくださるので
そのような方は流してくださいね!&ダメ出ししてくださいね(笑)。



絞りとは・・・?


レンズの開口部の大きさの調節 ⇒ 取り込む光の量の調節


瞳の瞳孔と同じようなしくみ。
明るさに応じて瞳孔が大きくなったり、小さくなったりするように、
まぶしい時は絞りを閉じて、光の量を減らし
暗い時には絞りを開けて光をたくさん取り込むことができます。

写真のいろは 絞り_f0100215_11272037.jpg写真のいろは 絞り_f0100215_1127917.jpg















絞りの値は「値」で表します。


F1.4 ・ 2 ・ 2.8 ・ 4 ・ 5.6 ・ 8 ・ 11 ・ 16 ・ 22・・・・・・・


絞りを知らない人には、なんの数字やら・・・とは思いますが、
小さい数字の方が絞りを開ける大きい数字の方は絞りを閉じることになります。

写真のいろは 絞り_f0100215_23105832.jpg写真のいろは 絞り_f0100215_23111947.jpg












左がF2.8 ・ 右がF22  真中の開口部の大きさの違いがわかると思います。


写真のいろは 絞り_f0100215_1131442.jpg

この絞りは、露出(明るさ)を決めるうえで、
シャッター速度と切っても切れない関係にあります。


絞りは、シャッターと組みで光量を調節するため、
シャッター速度 1/125の時、絞りF11
で適正露出
であるとしたら、
F16では光の量が少なくなり、F5.6では光の量が多すぎることになります。

そのような場合は表のように、シャッター速度を調節すれば、
明るさは同じ結果になります。







「絞り」 の大きな役目は2つ

これまで書いたように、光の量(レンズを通る光の強さ)を調節すること。
そしてもうひとつは、画面のピントの深さを調節する役目があります。

このピントの深さを、「被写界深度」といいます。
ここは、写真の最重要ポイントといっても過言ではありません。

こちらは明日、投稿いたします♪




↑人気ブログランキング♪
こんな難しいの、わけわかんないという方も、
こんなの基本中の基本という方も、
本日もクリック、よろしくお願いします!

お部屋のどこかに写真を飾っていますか?
オフィスのデスクに飾っていますか?

本日は、簡単に写真を飾る方法を・・・。

ちなみに私の部屋では、
小さな額縁に写真をいれて、
壁にランダムに配置しています。


お気に入りの写真やポストカード、
お店でもらったショップカードなど・・・
こんな感じで飾るのは、いかがでしょう?


写真をどこに飾りましょう_f0100215_21462598.jpg


事務用品のWクリップ

写真をどこに飾りましょう_f0100215_21585976.jpg

写真のものは、思いっきり事務用品!
という代物ですが、
雑貨屋さんや、文房具店でも
シルバーのものや、
色々なカラーのものがあります。

こんなに簡単で、リーズナブルなアイテム、
使わない手はありませんよね?


場所を取らないので、オフィスのデスクにもぴったり!
会社のWクリップを拝借しちゃいましょう・・・(笑)!




↑こんなアイデアでもご賛同いただけたら、クリックお願いします!
# by photomo018 | 2006-05-17 11:00 | Trackback

1枚1枚はなんでもない写真

私は、写真を仕事にしているくせに、
気負わず思いついたままに、シャッターをきります。
いわゆるスナップ撮影

つまらない1枚の写真も、
まとまれば1つのテーマになるんですよ。
写真でも組写真といって、何枚かをまとめて作品とするケースもあります。

私はスナップした写真達はまとめて、
ポストカードサイズ
画像処理して、まとめておきます。

なんでもない1枚を、特別に変える_f0100215_2235788.jpg


年賀状や、大切な人への季節のたよりなど
こんな作品を送ってみるのも、良いかもしれません。

ちなみに、撮影場所は明治神宮
お散歩しながら撮影したスナップです。



人気ブログランキング クリックお願いいたします♪

先週、旅行に行った際、

あまり魚が釣れなかったこと
旅先で食べたお刺身がいまひとつだったこと

以上、2つを理由に
彼が真鶴の海に、釣りに行きました。
私は、100%船酔いをすることが予想され、
置いていかれました(笑)。

おいしいお刺身を食べさせてもらおうと、
彼が海に行っている間、
和食のおかずを考えて、つきなみですが肉じゃがを作りながら、
彼の帰りを待ちました。

私の家では、
田舎風肉じゃがと都会風肉じゃがとあるのですが、
今回は都会風を作りました。

海からの贈り物_f0100215_10145745.jpg海からの贈り物_f0100215_10152293.jpg
都会風とは名ばかりの、
ただの肉じゃがなんですけどね。

メークインに肉をクルクル巻いて、煮るだけのもの。
じゃがいもと、お肉と、
彩りのサヤエンドウだけの
シンプル肉じゃが




さて、夕方になり・・・
彼が、魚を持って帰ってきました。

海からの贈り物_f0100215_11152392.jpg

結局、魚の内容からフリッターにして食べようということになり、
お魚担当の彼が、こちらは作ってくれました。

海からの贈り物_f0100215_10192510.jpg

手前が都会風肉じゃが!
奥が、
本日釣れた魚のフリッター♪


お刺身ではありませんでしたが、
新鮮なお魚は、やはりおいしかったです。
その日の海であった色々な、
お土産話をおかずに、おいしくいただきました。












私・・・お料理は食べる専門で、全然出来ないんです。
そんな私は、こうやってレシピメモを写真に残したりして、勉強中。


☆ レシピや工程を写真におさめる
☆ 釣った魚を写真に撮っておき、名前をいれておく


写真の活用法のひとつですよね。
こんな使い方もありだと思います。

お子様のいらっしゃる方なら、毎日のお弁当を写真にするとか、
日々の生活に写真を取り入れて、楽しく過ごしていただきたいな~と
思います♪


↑人気ブログランキング 写真(全般)で頑張ってます♪よろしくお願いします。
←menuへ