もういいかげんにして!

被写界深度の次は、焦点距離???
なんだか写真の言葉は難しい・・・。
そんな声が聞こえてきそう。

焦点距離は、簡単に言うとレンズのmm数
35
数字が低いものを広角、
高いものを望遠と呼んでいます。



本日は、~焦点距離と被写界深度~です。



昨日の投稿で、被写界深度は絞りと撮影距離によって
変化する事を書きました。

もひとつのポイントは焦点距離です。
焦点距離が異なる場合も関係があるんです。



~写真を見比べてください~

人物とカメラの位置を変えずに、
レンズを24mmと55mm、絞りをF5.6とF22で撮影しました。

写真のいろは 焦点距離と被写界深度_f0100215_11514310.jpg

          24mm ・ F5.6で撮影
写真のいろは 焦点距離と被写界深度_f0100215_1152144.jpg

          24mm ・ F22で撮影

絞りはかなり違うのに、背景はほとんど変わらないのがわかると思います。
広角レンズの場合は、絞りを開けていても被写界深度が深いといえます。


写真のいろは 焦点距離と被写界深度_f0100215_11521624.jpg

          55mm ・ F5.6で撮影
写真のいろは 焦点距離と被写界深度_f0100215_11522617.jpg
           55mm ・ F22で撮影

比べてみると、F5.6で撮影した画像の方が背景がボケています。
今回は55mmでの比較ですが、もっと望遠にすれば背景はどんどんボケてきます。
焦点距離の長い方=望遠のほうが、被写界深度が浅いといえます。


この焦点距離の比較ですが、
望遠側の方が、画面上における被写界深度の度合いの差が大きくなる
ということがご理解いただけましたでしょうか?

背景をよりボカしたい時は、望遠レンズで絞りを開けて撮影すれば、
より背景ボケの効果が現れるということ。
逆に、広角レンズでは絞りを開けても背景ボケはあまり期待できません。


<被写界深度のまとめ>

大きなボケの描写は、
望遠レンズで絞りを開ける


パンフォーカス(全体をシャープに写す)は、
広角レンズで絞りを絞る




いろいろなレンズの特性をいかして、色々な撮影で活用してください♪

--------------------------------------

これで被写界深度はマスターしました!

コンパクトカメラのユーザーの方、
一眼レフのHow Toと思うかも知れませんが、
光学ズーム付きのカメラでしたら応用がききますから参考にしてください。
ただ、一眼レフに比べると撮像素子が小さいため、
被写界深度が深くなります。
本日の例と全く同じなわけではありません!


カメラの知識を深めると、今までにない写真が撮れるはず!


次回の「写真のいろは」をお楽しみに。



人気ブログランキング
「写真のいろは」を書きながら、自分も復習のすずちゃんです・・・。
本日も1クリックで、労ってくださいね!

先日投稿しました被写界深度絞りの関係。

まだ続きがあるんです。

本日は、~撮影距離と被写界深度~です。


「絞りを変えることで、ピントを合わせた前後のボケ方が変化する」
のは先日、投稿した通り。
背景のボケは、絞りだけではないんです。



~写真で見比べて見ましょう~

下の写真は、絞り、レンズ共にまったく同じ条件で
モデルに近づいて撮影をしました。
ちなみに、データ―はレンズ55mm ・ 絞りF5.6で撮影しています。

写真のいろは  撮影距離と被写界深度_f0100215_18442878.jpg

               <全身>               
写真のいろは  撮影距離と被写界深度_f0100215_18444569.jpg

               <膝上> 
写真のいろは  撮影距離と被写界深度_f0100215_18445858.jpg
 
               <腰上>
写真のいろは  撮影距離と被写界深度_f0100215_18451147.jpg
                <胸上>



背景の違いを良く見てくださいね。
絞りが同じでも、こんなに背景のボケ方が違います。

写真を見て解る通り、
被写体に近づけば近づくほど被写界深度は浅くなります。
簡単に言えば、ピントの合う範囲が狭くなります。

被写体に近づいて撮影する際は、
F11やF16でも慎重にピントを合わせる必要があります。
逆に広大な風景を撮影する時などは、
F2.8やF4という絞り値でも被写界深度は深くなるということなんです。

ボケの変化は絞りのみで変わると思いがちですが、
撮影距離でも変化をすること、覚えておいてください。


今日のポイント

ピントを合わせた前後のボケ方は、
近くなるほど大きく、
遠くなるほど小さくなる!


でした。


もひとつおまけに、明日の投稿も被写界深度。
「ひっぱるなぁ~・・・」とお思いでしょうが、被写界深度は奥が深いのですよ・・・。



人気ブログランキング
少しづつ上昇中!ふんわりふんわり頑張ります♪
本日もクリック!よろしくお願いいたします。

「花を撮る」

花を撮るために気をつける事を、私なりにまとめてみました。


― きれいなものを選びましょう ―

撮影する前に花を良く観察します。
良く見ると、花びらが傷んでいたり花粉が散っていたりします。
よ~くチェック!写真の良し悪しが決まりますよ。
花を撮る!_f0100215_10591133.jpg

          ところどころに花粉?
花を撮る!_f0100215_1111989.jpg

          きれいな花を選んで!
          


― 光を選ぶ ―

逆光というと敬遠しがちですが、
花を逆光で撮ると薄い花びらの質感を美しく表現できます。
花を撮る!_f0100215_1115962.jpg

          透き通るような花びらの描写
花を撮る!_f0100215_1123422.jpg

          逆光を見方につけて!

葉ものやススキ、ネコジャラシ、ネコヤナギなども、逆光撮影をおすすめします。
花を撮る!_f0100215_1135187.jpg

          モミジも逆光が似合います



順光の場合、無難に撮れるのですが
晴天のときなど、影がきつくなり失敗してしまうケースも。
曇天の場合、メリハリはなくなるものの、影がなく柔らかい描写になります。
ソフトな写真なら曇天が狙い目です。
花を撮る!_f0100215_116622.jpg

          おとなしい印象ですが、光がまわり柔らかい描写




― 構図とカメラの設定 ―

どのような写真にするかをイメージします。
写したいものの周りはどんな感じでしょう。
写したくないものがあれば、アップや背景をぼかす、
一面の花畑なら、引きめで全体を写す。
イメージにあわせて、構図とレンズが決まります。

接写(お花)モードや一眼レフカメラならマクロレンズを使うのも、おすすめです。
虫の目線で花を撮れるので、花の細かいディティールが写し撮れます。


そしてカメラの設定。
背景をぼかすなら絞りをあけて(小さい数字)、
背景をきっちり撮るなら絞りを絞り(大きい数字)ます。
この時に注意する点は、絞りに気をとられて、
シャッタースピードが遅く設定されると、
手ブレや花が風で揺れて、画像がブレてしまいます。
手ぶれの目安は、1/レンズの焦点距離の数字(レンズの㎜数)。
50㎜レンズなら1/50秒
100㎜レンズなら1/100秒以上で、
手ブレしにくくなると言われているので、ご参考に。

★いくら28mmだからといって1/25と言うわけではありません!
 シャッター速度は、1/50くらいを限界にしないとブレてしまいますよ~!
 あくまでも「手ブレしにくくなる」の参考にして下さいね。


花の色によっては露出補正(EV補正)をします。

この露出補正、たいていのコンパクトカメラにもついています。
花以外でも写真露出を決める際に、知っておきたい機能のひとつ。
後日、「写真のいろは」できちんと説明いたしますね。




― ピントの位置 ―

接写の時などピントの位置に悩んだりしますよね。
中央の花芯にピントがあっていると、一番自然に見えます。
手前の花びらでも不自然ではないので、
ピント位置を変えて撮影しておくのも良いと思います。
決まりはなく、一番表現したい部分にピントを合わせれば良いのです。
花を撮る!_f0100215_1183175.jpg
花を撮る!_f0100215_11842100.jpg

          色々な位置でピントを合わせてみて!




こちらに書いた内容は、
あくまでも一般的な撮り方。
たくさんの種類・色で私たちを楽しませてくれる花。
撮り方も幅広く、魅力的な被写体です。
それだけに撮り方も十人十色。
色々なチャレンジをしてみてください!

四季のある日本では、季節を感じる機会でもあります。

花を撮る!_f0100215_1113862.jpg

ただ今からの季節は虫がたくさん花に集まるので、
蜜吸いの邪魔をして、ハチに刺されたりしないようにご注意くださいね!



人気ブログランキング
蜜蜂のように今日も元気に♪クリックをお願いいたします。

「ガサガサ」を抜け出し、ひとり探検に。
川辺の花を探しに行きました。

リンクをさせていただいている方、花を撮る方が多いんです。
最近、ちゃんと花を撮っていないな~と刺激され、
マクロを片手に右往左往。

川辺に行っても、野原でも_f0100215_2222059.jpg

川辺に行っても、野原でも_f0100215_22102718.jpg

川辺に行っても、野原でも_f0100215_22382.jpg

川辺に行っても、野原でも_f0100215_2232512.jpg


結局、野原に咲いてる花ばかり。
色々撮ったんですけど、セレクトしたらこんな感じ。
こういう何気ない草花が好きなんですね。

足元にある何気ない花に光を!



吹く風に、いまかいまかと旅立ちの瞬間(とき)。

綿毛の写真を撮り終えて、
そんな句を詠みながら、「ガサガサ」に戻ったのでありました。





↑人気ブログランキング
タンポポやヒメジオン、頑張っている花たちにクリック!
日曜日、「ガサガサ」をしに川へ行きました。


この「ガサガサ」。
以前読んだフリーペーパーの表紙に、
夏休みは多摩川で「ガサガサ」しない?
のキャッチコピーが…。

おもしろそう!

ずっとあたためてきた、私の憧れ(笑)

ちなみに多摩川は東京、神奈川の間を流れる河川。
アザラシの「たまちゃん」が、しばし滞在した川です。


昨年の「ガサガサ」は収穫がなく、今年初の「ガサガサ」はその分、気合いがはいってます!

夏休みは多摩川で「ガサガサ」しない?_f0100215_2030818.jpg



「ガサガサ」とは・・・・・?

お解りの方もいると思いますが、
魚を捕ったりする川遊びの事。


夏休みは多摩川で「ガサガサ」しない?_f0100215_2030495.jpg



~やりかた~

1. 魚が隠れていそうな怪しい茂みを見つけたら、
手網を下流側にしっかりと固定する。

2.茂みの1番上流側に足をいれ、ガサガサと魚を脅しながら
手網の方へ追い込む。(今回は茂みにタモを入れて、ガサガサ)
夏休みは多摩川で「ガサガサ」しない?_f0100215_20314129.jpg

3.手網まで足が届いたら、サッと手網をあげる。
夏休みは多摩川で「ガサガサ」しない?_f0100215_20321693.jpg

4.魚が入っているか、網の中を覗いてみると・・・

夏休みは多摩川で「ガサガサ」しない?_f0100215_20344937.jpg夏休みは多摩川で「ガサガサ」しない?_f0100215_22575740.jpg












いますよ!

左は「アブラハヤ」「アブラッパヤ」。

右は「ウグイ」。



ちなみに多摩川でもメダカ・ザリガニ・テナガエビ・ドジョウ・ウナギ・・・etc
いろんな種類の魚が採れるそう。
魚以外にも水生昆虫もいます。
虫の苦手な人は、卒倒しそうですね。
夏休みは多摩川で「ガサガサ」しない?_f0100215_20281180.jpg



そして、川原や土手などで
野草を観察したりする遊びでもあります。





川遊びの道具

● じょうぶな手網(川底にぴったりフィットするカマボコ型のフレームが良い)

● ビニール袋

● プラスチック製の水槽(捕獲した魚の観察用)

● 飲み物(川辺には販売機などない場合があります)

● ポケット図鑑(淡水魚版・野草版など)

● 帽子 ・ タオル ・ 上着


夏休みは多摩川で「ガサガサ」しない?_f0100215_20532455.jpg



写真に負けず劣らず、こちらの「ガサガサ」も奥が深いんです。

なんといっても童心に帰れます。
そして、お弁当をもって川原でランチ。
なんとも贅沢な休日です。


えっ?魚はどうするかって?


飼うんです!
食べるわけでは、ありません。
もし飼わない場合は観察して、川に帰してあげましょうね。


明日は、「ガサガサ」後編です。
魚以外に、写真も撮ってきました。
そちらの写真を投稿します♪



人気ブログランキングへ
「ガサガサ」に興味のある人も、まったく興味のない人も♪
どうぞよろしくお願いします。
←menuへ