見えない敵_f0100215_17175236.jpg



「見えない敵」というタイトルから
いい加減、明るい話題にしてよ・・・
そんな声が聞こえてきそうです。

予定通りに行われていたならば
CP+2020が今日の17時で閉幕しました。

毎年、このイベントに向けて
私だけでなく関係者の皆さんは
まるでアスリートかのように
ストイックな日々を過ごすと思います。
季節的にインフルエンザの恐怖もあります。

私も年が明けた頃から、マスクをしたり手指の消毒
きちんとした睡眠、栄養管理
マヌカハニー・プロポリスを毎日の習慣にして
身体に良さそうなコトやモノを
積極的に取り入れてきました。

そんなこんなで
ただいま”燃えつき症候群”です。

実際にはCP+2020は中止となり
燃えつきれていないのですが
本当なら、今日で一息つけるところ
今年は緊張がさらに続くわけですね。

しばらく続くであろう
「見えない敵との闘い」

大切な人を守るためにも
引き続き、予防に努めましょう。







記憶がない?_f0100215_22460218.jpg


写真を撮るといろいろな記憶も
一緒に記録されていることが多いのですが
この象のフィギュアは記憶がありません。

どのような店だったのか?
これだけのインパクトがあっても
覚えていない不思議・・・。

前後の写真を見ると
大阪、心斎橋のあたり。

近くにあったタピオカ屋は
記憶にあるのに・・・。






空の上_f0100215_23252047.jpg


明日の講座のため、飛行機で神戸に来ました。

昨年から月一回、神戸に来ているのですが
飛行機での移動が多いので
窓際の席の時は、窓の外をずっと眺めています。

今日は雲が多かったものの
富士山はしっかりと見えました。
空の上から見る富士山の

「圧倒的存在感」

本当に美しい山ですね。


明日の夜には横浜に戻ります。
まずは神戸での授業、頑張ります!


写真は昨年のぼった”あべのハルカス”。







spur of ambition_f0100215_13121517.jpg



2019年、ラストの投稿です。

2019年もいろいろありました。
ソニー大阪で個展「光と影」
横浜市道路局、尾道市のフォトコンテストの審査員
横浜・神戸・岡山などでの講座
たくさんの方と出会うことができました。

2019年で一番嬉しかったことは?と聞かれ
「カメラはじめます!」が20万部突破したこと
そんな風に答えました。

もちろん、この数字はものスゴイ快挙で
関わらせていただいた私は実感がないまま
今に至っているのです。

今年は少しだけ自分の時間が欲しくて
たくさんの本を読んだり
久しぶりにライブに通ったりと頑張ってみました。
”忙しい”を理由にしていた自分を
もっと忙しくしたわけです。
答えは来年以降に出てくるのだと思います。

ラストの投稿は「spur of ambition」

来年も光と影を見つめて、カメラとともに。
”野望の刺激”ってどこまで強気?なタイトルですが
夢追い人は来年も夢を追います。



今年も一年、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。


2019.12.31
Tomoko Suzuki






Overlap_f0100215_21551308.jpg


はまっこ同士で「東京ってすごいよね」
そして「大阪もすごいよ」「あー、わかる!」
そんな会話を交わしました。

他県の方たちからは
「えー、横浜は都会じゃないですか」と言われ
たしかにそうなんですけど、ちょっと違う。
このあたりのニュアンスが
横浜に住んでいる人とは合致します。
ほんと大阪も、すごいです。



ただいま考えなければならないことがいっぱいすぎて
頭の中が大阪駅です。

「え?何を言っているのかわらない?」

今日のエントリーみたいになっています。
夢追い人だから仕方ありませんね。
そう、夢のために頭をつかうのです。







平行線_f0100215_21175110.jpg



直線の多いシーンは大好きで
それは「街スナップあるある」でもあります。

ここエレベータのかごの中なのですが
直線だけでなく平行線が多い。

並行世界、並行宇宙、並行時空など意味する
「パラレルワールド」という
言葉があるけれど
ここでは「平行線」を意味するパラレル。

お互いの主張や意見がどこまでいっても
妥協点が見出せない状態の
「平行線」もありますね。

男女の会話は「平行線」などとも言います。

女性が男性に求めているのは「共感」で
それで男女のすれ違いが出てくるらしい。

男性の脳は、物事を客観的、相対的に
評価する方向に向き
女性の脳は、物事を絶対的、主観的に
とらえる方向に向いているのだそう。

すべてが当てはまるとは思いませんが
納得できる点もあります。色々とね。






存在感_f0100215_22514438.jpg


リフレクション好きなので
いろいろなリフレクションを探します。
そして見つけます。
よっぽど好きなんですね。
実にわかりやすい。

このトルソーの存在感、とてもよい。







魅惑の路地_f0100215_21554767.jpg



路地にあるお店は魅惑的です。

お酒が強くない私は
居酒屋や小料理屋、バーなどではなく
定食屋や洋食屋が多いですが
チェーン店の店はできれば避けて
できればこんなお店で食事がしたい。
マスターと軽く会話をしたりして。

タイトルには「魅惑の路地」とつけました。

いつも悩むのがこの「路地」。
路地なのか路地裏なのか横丁なのか
どう表現したらよいかで悩むのです。
露地もありますしね。
で、それぞれの言葉の意味を調べるのですが
それでもよくわからない。

このような道は「路地」で
よいのでしょうか・・・。







ビリケンさん_f0100215_00040969.jpg



関西から横浜に戻って来ました。

ビリケンさんといえば、通天閣
新世界でも見かけますよね。

今回の大阪滞在では
いろいろなところで会いました。

ビリケンさんはアメリカ生まれですが
いまや”大阪らしさ”を代表する
キャラクターですね。














次への扉_f0100215_23040798.jpg



今日はストックからの一枚。
大阪 海遊館でのスナップです。

「Next Door」

今日も大阪の街を歩いたのですが
最初に話しをした人に紹介されて
次へ行き、そこから次へ、そして次へと
繋がることがあるのですが
今日がまさにそんな一日に。

いくつかの場所を
バトンをつなぐように教えていただき
それぞれの場所でご案内いただき
写真を撮らせていただき
話しを聞かせていただき・・・
最後には神社にもご案内いただき
お参りをして、神社の方ともご挨拶。

自分の「出会い運」の強さですかね。
たくさんの方にお世話になり
教えていただき
本当にありがたいなって思います。

名刺交換もさせていただいたので
このご縁、大切にしたいです。


あたたかさに触れた一日でした。


16歳の時に友人と初めて関西旅行をし
電車の中でガイドブックを見ながら
キョロキョロしていたら
どこへ行きたいの?と声をかけてくれた
おばちゃんのことを思い出しました。

昔も今も誰かが助けてくれています。感謝。





←menuへ