f0100215_23590546.jpg


今日は午後から
EIZOガレリアギャラリーへ。

有楽町に着いた頃には
風が強く、傘が壊れそうな勢い。
帰りには雨も止んで
ホッとしました。
(荷物が多かったので)

北海道、関西と
大変な雨のようですね。
大きな被害がないことを祈ります。

明日からは鈴木知子ゼミ6期生修了展
神戸メリケンギャラリーでスタートします。
関西方面の皆様
ぜひ遊びに来てください。




写真は雨つながりの
猿島クルーズです。




f0100215_00403839.jpg



あっという間の梅雨明けで
あじさいも思うように
撮れませんでしたけど
雨の日に撮れたのは嬉しかった。

あじさいは、やはり
雨がにあいますね。


今年も今日で半分が終わり。
時の経つのは早いですね。








f0100215_23433016.jpg



今日は波止場の写真学校 横浜校
横須賀にある猿島でのフォトウォーク。
まるやゆういち先生と講師を担当しました。

講座開始まえから雨で
途中、少し明るくなるも
結局やまず・・・。

雨の日撮影も長時間は
ハードですね。
ご参加いただいた皆様
身体をいたわってくださいね。

それでも雨に濡れた植物が
しっとりと美しく
たくさんスナップして来ました。

と書きながら
桟橋での一コマ。
雨だというのに
猿島には多くの方が
入島していました。

皆さんすごい。
BBQ組もいました。



明日はBUKATSUDOの
文化祭です。
私はギャラリーでの
60人のフォトグラファーが参加した
日めくりカレンダー展示と
蝋引き写真ワークショップです。

時間は12:00〜18:00まで

お待ちしております!







f0100215_21524176.jpg



横須賀市にある猿島。
天気が良いと
光と影がとても美しいのです。

ここ数年、とても人が多く
トンネルの中もワイワイ。

初めて行った時は
もう20年近く前
モデル撮影のロケでした。
平日だったから
本当に静かでした。

そのあと何度も行っていますが
ずいぶん賑やかになりました。

ゲルショッカーも
そう思っているはず。

ゲルショッカー結成の地が
猿島だそうです。
※仮面ライダーシリーズ
登場する架空の組織






f0100215_22172465.jpg



学生服姿の学生を見ると
”青春”というワードが
頭に浮かびます。

POCARI SWEATとCoca-Colaの
パラソルだからなおのこと。
爽やかな風を感じます。







f0100215_23205346.jpg


みどりに囲まれていると
とても癒されます。

この一週間、画像処理や
セレクトなどで
大量の画像を見ていたので
目がしばしば・・・。
目薬を買いに行かなきゃ。


作品展が終わってから
少し縦構図が多くなってきました。
昔からのブログのファンの方が
「やっぱり縦構図」と
何人からも言われたのです。

すべてとは言いませんが
縦構図も頑張ります。






f0100215_21080451.jpg


今日は仕事で猿島に行ってきました。
今年は企業の写真部に
講師で参加させていただいてます。

予報では雨の心配もありましたが
曇りのち晴れ。
光と影がとても美しかったです。

岩場のタイドプールで
実像と虚像
お約束のリフレクション。





f0100215_23250927.jpg



若いヒマワリは太陽を追いかけ
蕾が大きくなって開花する頃には成長が止まり
花が完全に開いたヒマワリは
どっしりと構えて動かなくなります。

8月も下旬になると
「晩夏」といってよいでしょうか。
旧暦でいえば立秋を過ぎてはいますけど。



プライベートでバタバタしてます。
なのでSNSから少し離れています。

落ち着きましたら
また復活しますね。
しばらくはすみません。

ブログは通常運転で
更新していきます。




まずはどっしりと
自分の進む方向を見つめて。
ヒマワリの心で・・・。




f0100215_19381119.jpg


蜘蛛の巣を見ながら
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」と
思い出しました。

芥川龍之介のはじめての
児童文学作品ということで
私も幼き頃に読みました。

蜘蛛の巣と糸では
イメージも違いますけれど。

ここ、猿島にあるトンネルから
上へ上がれる階段。
(↑閉鎖されてますが)

そんな場所だからこそ
「蜘蛛の糸」のことを
思い出したのかもしれません。





f0100215_21310874.jpg



飾り花、装飾花は
花の形はしているけれど
花の機能はありません。

そんな飾り花は
”花がここにあるよ”という
引き立て役ですが
ここでは主役になっています。

誰かがおいたのか
自然に落ちたのか

とても気になるシーンでした。
猿島でのショットです。






←menuへ