タグ:yokohama ( 2340 ) タグの人気記事



f0100215_23442625.jpg


今日は天気予報は曇り/雨だったのに
途中陽射しがさしたりして
夕方から子どもを撮るロケがあったので
ホッとしていたのも束の間
ロケの少し前にポツポツ・・・。

室内で撮れたからロケはよいとして
帰りには止んでいたので
事務所に戻って一生懸命仕事をして
やっと終わって外を見たら雨!

白いスニーカー、雨なのに〜。

週間天気を見ても
28日まで曇りと雨マーク
どうなってるの〜・・・







f0100215_18444605.jpg


雨の日が続いています。
もう7月も中旬だというのに
長袖ですよ・・・。

はやく夏空が見たいものです。



ーー ただいま開催中です ーー

この度、7月から波止場の写真学校 横浜校
がBUKATSUDO内でオープンすることを記念し、
第一回目の展示 神戸と横浜の
「海で繋がる、港で繋がる写真展 with PICTORICO」を
開催する運びとなりました。
「海で繋がる、港で繋がる」
というテーマをもとに撮影した写真を
ピクトリコプロ・月光シリーズから用紙を選び
プリントを行い展示いたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

また、横浜会場で7月に展示したのちに
作品の一部を8月神戸会場でも展示いたします。
-----
主 催:波止場の写真学校
(株式会社メリケンギヤラリー)
協 力:株式会社ピクトリコ

テーマ:「海で繋がる、港で繋がる」

展示期間:2019年7月12日(金)~7月26日(金)
月曜~土曜 9:00~23:00 、日曜・祝日 9:00~21:00
最終日16:00迄
-----
〈出展作家〉
植村 俊也 加藤 加奈子
河東 三代子 北村 貴之
笹倉 和也 紫竹 理枝子
柴原 佐也加 堤 紀之
戸田 雅之 服部 尚史
藤井 智司 丸山 眞琴 mio

〈特別出展〉
波止場の写真学校 横浜校校長 鈴木知子
波止場の写真学校 学校長 木下アツオ

会 場:BUKATSUDO内、BUSHITSU(部室)002号室
〒220-8190 横浜市西区みなとみらい2-2-1
ランドマークプラザB1F
045-681-2880
アクセス ⇒ http://bukatsu-do.jp/access.html








f0100215_23233316.jpg


今日と明日の二日間
横浜スパークリングトワイライト2019
二日間とも演出の違う花火があがります。

今日は小雨が降っていましたが
無事、30分間3000発の花火があがりました。

ここ数年、三連休にあわせて
神戸で展示や講座で出かけていたり
このタイミングで遠方に出かけていたり
久しぶりに地元である
山下公園沖から上がる花火が見れました。

あまりにも久しぶりだったので
作品制作クラスのメンバーにも声をかけて
事務所の屋上で花火撮影会!

あいにくの天気でしたが楽しめました。







f0100215_21230271.jpg


昨日は久しぶりに晴れた。
(多分、そうだと思う)

晴れた日はいつも以上に歩きたくなる。
横浜はそういう街だと思う。

久しぶりに目的地に行く前に
横浜公園に寄り道。
紫陽花がまだキレイに咲いてる。

晴れの日に撮る紫陽花も久しぶり。
もしかして今年は初めて?

カメラと過ごす、楽しいひととき。








f0100215_17581547.jpg


馬車道にあるPAPABUBBLEで
買い物をしつつ、撮らせてもらいました。

アートキャンディショップです。

こちらのキャンディが大好きで
前を通ると吸い寄せられます。

本日はチョコミント・スイカのキャンディ
チョコミントのマシュマロ
キャラメルのソルトを購入。

少しづつ楽しみながらいただきます。


久しぶりの陽射しがとても嬉しかったです。
今日はこのあと講座だったり
仕事が立て込んでいるため、早めの投稿です!





f0100215_10374616.jpg


伝えたい想いを
言葉に変えていくのは
とても難しい。

考えては頭の中で書き直し
未完のまま時は流れる。

想いが強ければ強いほど。



ーーーお知らせーーー

7月17日発売
写真で参加しました!

プロっぽい映える写真が
撮れるようになる
「かっこいい夜景写真のお手本帳」

たくさんの写真と撮影ポイントが
掲載されます。
ぜひ手に取ってください。
よろしくお願いいたします。








f0100215_02132164.jpg


今日は雨の一日。
昨日は蒸し暑かったのに
今日は涼しい・・・。


夜はライブを観に行きました。
高円寺にある、ザ クルーラカーンという
アイリッシュバーの9周年ライブ。

10代の頃にライブに行っていた16TONS。
その当時、一緒にライブに行っていた友人と
久しぶりにライブが観れました。


16TONSは途中メンバーが変わったり
活動を休止したりしているのですが
昨年より、当時観ていたメンバーで復活。

カッコいいと思っていた音楽は
時が経っても色褪せませんね。

30数年前も、そして現在も
どちらもカッコいいのです。

それが、とても嬉しい。

自分もそうでありたいですね。











f0100215_22345299.jpg


タイトルに悩むことって
ありますよね。

この写真はまさにそうで
「影法師」とつけようと思ったら
堀内孝雄さんの歌声が聞こえてくるし。

影からは離れて赤いライトに
焦点を当てることに。

ネガティブなイメージには
したくなかったので
恋に絡めようかとも思ったり。

結局は赤いライトで何かないか
調べてみたところ

「それは赤い色を放つ」

・・・・・これだ。

”それ”の正体はというと
心の中の情熱や想い。



実際は車のテールランプですけどね。






f0100215_21054124.jpg


恋の端(こいのつま)ー 恋のきっかけ

花が落ちるように恋に落ちる

”恋の端”とタイトルをつけたものの
恋というものは
きっかけを思い出しても思い出せない
そんなもののような気もする






□ お 知 ら せ □


ソニーストア 札幌 ギャラリースペース
2019年6月22日(土)~7月4日(木)

大阪に続き、札幌で展示をいたします。
北海道の皆様、ぜひ見にいらしてください。





f0100215_22025317.jpg


看板猫をしているかと思ったら
そのあとはパトロール。
お店のお姉さんたちと挨拶をかわす。

街をするりするり

自由な飼い猫さんです。

カヒミ・カリィの「Elastic Girl」という曲を
タイトルにつけました。

「Eastic Girl」って、ぴったり。

それにしてもこの曲って
90年代なんだってことに、びっくり。




ただいま発売中!


「二眼レフはじめます!かっこという説明書を
こいしゆうかさんとのタッグで担当しました。
組み立てる楽しさ、撮る楽しさ
どちらも味わえます!



←menuへ